令和元年10月11日(金)  受賞生徒が教育長、県議会議長を表敬訪問しました

 9月15日(日) に東京都曳舟文化センターホールで開催された「第37回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」金管楽器部門高校生の部において、全国第1位を受賞した高円高等学校3年松村華奈さんが、10月11日(金)に奈良県教育委員会 吉田教育長、奈良県議会 粒谷議長を表敬訪問しました。

 松村さんは、トランペットを始めたきっかけや、日ごろの練習の様子、コンクールでの心情、今後の抱負などを語りました。吉田教育長、粒谷議長からは、「おめでとう」「今後もしっかり頑張ってほしい」といったお祝いの言葉や激励の言葉をいただきました。

 教育長室、議長室では、トランペットの演奏も聴いていただきました。トランペットのとても素敵な華やかな音色が響いていました。

 今後も、コンクールや卒業演奏会などに向けた練習も進めていきます。更なる活躍を願っています。

教育長室にて

 

議長室にて

  

10月12日(土)の奈良新聞に、表敬訪問の様子が掲載されました。

令和元年10月11日(金) 全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第1位受賞生徒 教育長表敬訪問します

 第37回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール金管楽器部門高校生の部において、全国第1位を受賞した高円高等学校3年松村さんが、10月11日(金)13時00分~13時30分に教育長を表敬訪問いたします。

 報道資料はこちら
→ 報道資料 受賞生徒教育長表敬訪問 

   報道資料[県教育委員会]

令和元年9月15日(日) 第37回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール 金管楽器部門高校生の部で全国第1位受賞

 全日本ジュニアクラシック音楽コンクールは、東京国際芸術協会主催のコンクールの一つで、1983年から毎年開催されており、今年37回目を迎えます。

 7月14日(日)の近畿地区予選、7月31日(水)の近畿地区本選を経て、9月15日(日)に第37回全国大会が東京都墨田区にある曳舟文化センターホールにて開催されました。

 高円高等学校音楽科3年松村さんが、金管楽器部門高校生の部においてトランペットを演奏し、第1位を受賞しました。

 演奏曲目は、予選がブラント作曲「コンサートピース第2番」、本選・全国大会はアルチュニアン作曲「トランペット協奏曲」でした。

 松村さんは、毎日こつこつと練習を重ね、「コンクール当日は緊張せず、楽しめた。」と話してくれました。頼もしいですね。

 本当に、全国第1位、おめでとう。