隔地や障害のため通学が困難な人に対して、寄宿舎が付設されています。
   寄宿舎には指導員や舎監がいて、家庭的な雰囲気の中で生活していますが、視覚障害を克服して、日常生活が自立できるように訓練をする場でもあります。


寄宿舎の目的


○生活技能と態度・習慣を身につけ、生活の自立をめざす。
○集団生活を通じて社会性を養い、社会適応能力を高める。
○個性の成長を図るとともに自主的な学習習慣を身につけさせる。
○健康と安全に心がけ進んで心身の健康に努める。
○生活にうるおいと、ゆとりをもたせるとともに道徳性を身につけさせる。



自治会活動
 
舎生の中から3役(舎生長、副舎生長、会計)を選出3役を中心に活動しています。


行事     

 4月 新入生歓送迎会
 6月 舎内指導
11月 舎外指導
12月 クリスマス会
 3月 送別会 
    
その他行事 もちつき、バーベキュー、ボーリング大会、食事会、誕生日会

 
 クリスマス会 節分行事  そうめん流し 
     
 自習の様子 洗濯干しの様子   



日課表
 

7:30朝礼点呼体操

7:40朝食
8:30登校
17:30夕食
18:00~19:30自習
19:30~21:00入浴
 
21:00準消灯
22:00消灯点呼

寄宿舎正面玄関の写真寄宿舎の生徒の部屋の写真


寄宿舎の設備
平成22年の耐震工事で1階の舎室、及び舎監室がリニューアル。舎室は一部がフローリングのイス席になりました。

○1階の学習室にはインターネットに接続できる音声対応のパソコン
があります。
○舎室は冷暖房完備、本棚、たんす、 机があります。
○トイレにはウォシュレット付きのものがあります。

寄宿舎の部屋 寄宿舎風呂