2023.4.1 学校長より【ごあいさつ】

ごあいさつ 
校長  村井 博樹
 奈良県立王寺工業高等学校のホームページをご覧いただき有難うございます。
 
 本校は、科学技術の進展に即応できる有為な産業人の育成を目指し、昭和37年に開校しました。令和3年には開校60年目を迎え、10,000名を超える卒業生は、国内外の産業界や様々な分野で活躍されています。
 現在、県内唯一の工業専門高校として機械工学科・電気工学科・情報電子工学科の3つの学科を有し、「工業的な知識・技術を活用し、グローバルな視点を持ちながら、地域コミュニティを支えるグローカルな人材」つまり『地球規模で考えながら、足元から行動できる人材』の育成を目指しています。
 
 本校では、最新工作機械をはじめとする充実した施設・設備による実習、社会人講師による授業、熟練技術者による実習等を行うとともに、各種資格・検定取得のための講義等、様々な取り組みを通じて、生徒の工学的な知識・技術取得を目指しています。また、進路実現のために、入学時からの系統的なキャリア教育、インターンシップを計画し、長年にわたる就職率100%を継続してきました。近年は、さらに学びを深めるために大学等へ進学を希望する生徒も増えてきており、進学対策にも力を入れています。
 
 部活動も大変盛んで、多くの生徒が部活動に参加し元気に活動しています。運動部は13部、文化部は8部が活動しており、ボクシング部をはじめとした多くの部が、毎年全国大会や近畿大会に出場しています。工業高校らしく、ロボットコンテストやエネワングランプリへの出場も行い、高い成果を残しています。
 
 生徒のみんなは、「あいさつ」「時間を守る」「清掃」の3つを大切にし、卒業後にそれぞれの世界で活躍できる、自らの夢を実現できる高校生を目指して、日々明るく学校生活を送っています。
 
 このホームページを通じて「王寺工業の空気」を感じていただけると幸いです。
 
令和5年4月 
 

学校安全計画について