警報発表時等の対処について

1 警報発表等における緊急時の対処について

午前7時現在校区(奈良市、大和郡山市)気象警報(暴風雨警報、大雨警報、洪水警報、特別警報など各種の「警報」)が発表されている場合は、学校を臨時休業としますので児童生徒は登校させないでください。なお、この場合はスクールバスの運行も中止します。
警報が
途中で解除された場合でも学校は臨時休業となります。

 

≪予想される場合の対応≫

  警報発表の時刻 学校の対応 学校からの連絡
1 午前7時現在、警報が発表されている場合   学校は臨時休業とします。 緊急連絡しません。
2 午前7時を過ぎて9時までの間(※スクールバスが運行している間)に警報が発表された場合

警報が発表された時点で学校は臨時休業とします。

○警報発表までにすでにスクールバスに乗車している児童生徒は学校に登校させます。

しかし、警報発表以降はスクールバスには乗車せずに自宅に引き返してください。

○スクールバスは危険に留意しながらバスコースを運行し「警報発表のため、臨時休業となった旨」を各バス停にて保護者の方に伝えます。

※学校からも家庭に連絡を入れます。

○部分単独通学生については、保護者と連絡がとれない場合は、児童生徒の安全上、スクールバスに乗車して登校させます。

○登校した児童生徒については、保護者と連絡をとりながら、安全に帰宅できるよう適切に対処します。

学校から緊急連絡します。
3 授業中に警報が発表された場合

○原則として臨時休業とします。帰りのスクールバスは状況を判断し安全に留意しながら運行します。バス停もしくは学校まで保護者等のお迎えをお願いします。

○校時を変更して下校する場合があります。

○単独通学生については気象状況を判断しながら、生徒の安全で適切な下校方法を検討し対処します。

学校から緊急連絡します。
4 午前6時30分現在、警報は発表されていないが、まもなく警報が発表されると予想される場合   学校は臨時休業することがあります。 学校から緊急連絡します。

※警報については、日ごろから気象情報にご留意下さい。

※警報などの詳細情報については、テレビのデータ放送でご確認ください。

※警報により学校が臨時休業する場合は、PTA活動等すべての公的活動は中止になります。

※学校が臨時休業となった場合は学校給食はありません。

 

2 警報以外の非常変災時等における対処について

前述のような警報が出されていない場合でも、道路事情や道路凍結その他非常変災等により、登校することが危険と学校長が判断する場合は、学校を臨時休業とすることがあります。

この場合は、スクールバスの運行も中止するとともに、学校から各家庭に電話連絡をいたします。

また、積雪や凍結による道路状況悪化のため、一部の方面のみスクールバスが運行できない場合があります。この場合は、学校は通常どおりの授業を行っています。直接家庭から児童生徒の安全送迎が可能な場合は、登校させてください。

スクールバスを利用して通学している児童生徒について
思いがけない気象条件の悪化、突然の道路工事、交通事故等のため、スクールバスの到着が遅れたり、場合によっては途中からバスを運行できないことが生じて、ご迷惑やご心配をおかけする場合があります。この場合には、できるだけすみやかに連絡がとれるように学校も努力いたしますが、付添者におかれましても児童生徒の安全に留意しながら、無理のない範囲内で学校へ連絡をいただければ幸いです。
 今のところ、各スクールバス停に情報などを伝える適切な連絡方法がありませんので、原則として30分以上遅れた場合家庭へ引き返し、そのことを学校へご連絡ください。家庭学習の扱いとします。
 特に、バス停までの単独通学者(付添のない場合)については、自分で判断できない場合がありますので、学校からの連絡によりバス停までお迎えいただく場合もあります。よろしくお願いします。また、保護者相互で情報を伝え合っていただくなどしていただければ幸いです。
 事故等で一方面のみスクールバスが運行できなくなる場合もあります。その場合は、学校は通常どおりの授業を行っています。直接家庭から児童生徒の安全送迎が可能な場合は、登校させてください。 

 

保護者配布文書(令和2年6月1日)(pdf)