奈良東養護学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

秋の行事の小学部修学旅行、小学部宿泊学習、中学部高等部運動会も終わり、小学部運動会を残すのみとなりました。

子供たちは、行事をとても楽しみにしていて、私に話してくれる様子が微笑ましく、とてもうれしく思います。

 

さて、県内の新型コロナウイルス感染症の患者は収まっていた頃より徐々に増えつつあり、

2学期が始まってからも、その人数は多くありませんが、ご家族の感染による濃厚接触者となったり、児童生徒本人が陽性となったりしています。

11月に入り、新型コロナウイルス感染に関して、保護者の皆様あてにお知らせとお願いを配布させていただきました。

その内容は、県から特別支援学校が「新型コロナウイルス感染症に関するハイリスク施設」と認定したとの通知があり、有症状患者の療養期間が変更になるようです。

詳細は配布したお知らせを読んでいただき、ご了承いただきたいと思います。

今後も、保健所や医師の診断による療養期間を優先したいと思いますが、

校内で感染が拡大する恐れがある場合には、ハイリスク施設での療養期間の対応をお願いしたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

奈良県立奈良東養護学校 校長 中村美和