本校の教育は、日本国憲法、教育基本法、学校教育法及び奈良県学校教育の目標を踏まえ、人格の完成を目指し、人権を尊重する民主的な社会の形成者として必要な資質を高め、心身ともに健全な国民の育成を期して行う。その実現のため、次の目標・方針を定める。

1 教育の目標

(1) 幅広い知識と教養を身に付けるとともに、自ら学ぶ意欲を養い生涯にわたって学び続ける態度を育成する。

(2) 心身を積極的に錬磨し、正しい判断力と自律的な生活態度によって、何事にも主体的に取り組む人間を育成する。

(3) 自他敬愛に基づく人間関係を深め、社会連帯の精神を養い、民主的で平和な社会の創造と発展に貢献できる人間を育成する。

(4) 真理を深め、生命を尊び、自然を愛し、崇高なものに感動する心豊かな人間を育成する。

(5) 文化と伝統を重んじ、それらを育んできた我が国と郷土を愛するとともに、国際理解を深め、国際社会に生きる資質豊かな人間を育成する。

2 教育の方針

 教育目標を達成するため、「誠実、剛毅、雄大」の校訓の精神を重んじる校風の下、創造性豊かな教育実践に努める。

(1) 確かな学力の定着と個性の伸長を図るとともに、社会における自らの使命を自覚させ、将来の進路目標を早期に認識させる。

(2) 文武両道を奨励し、学力、体力、気力の鍛錬を通じて、剛毅かつ雄大な品位を身につけさせる。

(3) 科学的・合理的なものの見方、考え方を身に付け、自主的学習態度と自律的生活態度を育む教育活動を進める。

(4) 本校の歴史と伝統を重んじながら、豊かな人間性、創造性、道徳心を育む教育活動を展開する。