令和元年度教育課程票.pdf [ 122 KB pdfファイル]

2令和元年度入学生教育課程表.pdf [ 130 KB pdfファイル]

平成30年度入学生教育課程表.pdf [ 75 KB pdfファイル] 

平成29年度入学生教育課程表.pdf [ 75 KB pdfファイル]

平成28年度入学生教育課程表.pdf [ 74 KB pdfファイル]

 

1 教育課程編成の基本方針

教育課程編成にあたっては、奈良県教育委員会から示された「県立高校再編計画」の方針に基づき、「より高度な学問・研究や専門性の高い職業を将来の目標に据えて、基礎学力の徹底と学習のさらなる発展を目指す」ものとする。

(1) 学習指導要領の趣旨を踏まえ、生徒に生きる力をはぐくむとともに、調和のとれた人間の育成を目指す。

(2) 生涯にわたる人間形成の基礎を培うという観点に立ち、自ら学ぶ意欲と社会の変化に主体的に対応できる能力の育成を図る。

(3) 普通科として、基礎的・基本的な事項の指導の徹底を図るため、一般的な内容のものを中心に編成する。

(4) 個性を生かす教育の充実に努めるため、生徒の能力・適性、興味・関心、進路に応じて文型・理型を選択させる。

2 教育課程編成の特色及び授業時数確保の工夫

(1) 第1学年は、全員が同じ教育課程で学習をし、基礎・基本の確実な定着を図る。

(2) 生徒が自己の能力・適性、興味・関心、進路希望等に応じた学習に主体的・自律的に取り組むことができるようにする。教育課程の類型は文型と理型とし2学年から設定する。3学年時に類型の変更ができるように編成する。

(3) 第3学年では、できるだけ多くの選択教科・科目を設定し、生徒の進路選択に対応する。

(4) 学校行事を精選し、授業時数の確保に努める。

3 類型選択

1年次  2・3年次
共通 文型<国語や地理・歴史の科目に重点を置いて学習します>
4年制国公立大学・私立大学の文学国際関係、外国語関係、人文学、哲学、法学、社会学、経済学、経営学、商学、経営情報学等への進学を目標としています。
理型<数学や理科の科目に重点を置いて学習します>
4年制国公立大学・私立大学の理学、工学、農学、水産学、医学、薬学、環境学等理系への進学を目標としています。

※ 文型・理型の2類型で、進路希望や適性にあわせて選択科目を幅広く用意することで、シンプルで学びやすく、かつ、多様な進路希望に対応可能な類型となっています。

4 習熟度別授業

 本校では、自らの学習目標に応じて授業レベルを選択できるよう、習熟度別の授業を行っています。本年度は、3年生の理型・数学理解において実施しています。利点として、自分にあった授業内容であることとともに、20~30名前後のクラス編成となるため、よりきめ細かい指導を受けることができます。

5 学力補充講座  

 学力補充講座は定期テストにおいて、学習成果が不充分であった生徒を対象として、放課後行われます。その間はクラブ活動にも参加せずに、講座に参加し学習しなければなりません。しかし、ほとんどの生徒は、この講座を受け、次回の定期考査では成績の向上が見られます。

 本年度は、中間考査後の6月中旬から月末まで、11月中旬から月末までほぼ毎日行われます。