ごあいさつ                             

 第25代校長 井上 惠充

   本校のHPを御覧いただき、ありがとうございます。

   本校は、明治29年に奈良県立尋常中学校五條分校として誕生し、昭和23年に男女共学の五條高等学校となりました。その2年後に、夜間定時制課程と賀名生(あのう)分校が併設され、それぞれが独自の教育活動を長きにわたって続けてきましたが、昨年度の入学生から夜間定時制課程が募集停止に、また、この4月から賀名生分校が五條市立西吉野農業高等学校として生まれ変わりました。輝かしい歴史と伝統のある高等学校であり、これまでの先輩の方々は、「質実・剛健・礼節」を校訓として受け継ぎながら、高い志をもって勉学に励むとともに、文化、スポーツ活動の両面で活躍され、県南部教育の拠点として、五條高等学校の名声を高めてこられました。先輩方が築いてこられた確かな伝統を継承し、更なる飛躍を目指してまいりたいと考えています。
   さて、4月9日の入学式で新入生を迎え、令和3年度がスタートしました。新型コロナウイルス感染防止の観点から規模を縮小しての挙行となりましたが、新入生の皆さんが新しいさわやかな風を運んでくれました。これからの学校生活において、夢と希望の実現に向け、若さ溢れるエネルギーを遺憾なく発揮してくれることを期待しています。
   入学式では、新入生に次の三つの話をしました。
   一つ目は、「自立」ということです。「自立」とは、「自らの意思で主体的に行動し、自ら責任を負う」ということです。物事を行う時に、自己の責任において実施できていたでしょうか。自らの進むべき道は自ら切り拓(ひら)いていかねばなりません。海を走るヨットは風を帆で受け、クルーがその帆の向きを操り、目指す方向にヨットを自由自在に進めていきます。知識と経験が豊かであれば、風がフォローであれアゲインストであれ、状況を把握しながらヨットを目的地に向かって進めることができます。ヨットの操縦のように、これからの人生において、どんな状況に出くわしても、自分の意思で目的地に向かって突き進んでいくことができるよう、知識と技能、そして判断力を磨いてください。
   二つ目は、「貢献」ということです。「貢献」とは、「他者や社会への関心をもち、課題解決のために、自らのもてる能力を提供する」ということです。いくら「自立」したとしても、人間は社会を形成して生きている以上、自他の尊重や、社会の構成者としての自覚をもった生き方が求められます。他の人や社会のために何ができるのかを考え、行動することが大切です。折しも、今、本校では、行政の支援を得ながら、地域の伝統行事に参加したり、地元の企業との連携を深めたりして、県立学校におけるコミュニティ・スクールの魁(さきがけ)として、地域と共にある学校づくりを推進しているところです。五條高校生が地域の小・中学校の運動会や体育大会にボランティアで参加したりもしていますが、今後、更に地域へ貢献する機会を増やし、地域の方々にとって魅力と活力ある学校づくりを進めていく所存です。五條高校生が、社会の様々な課題に対する関心を高め、地域社会に貢献できる有為な人材に育ってほしいと願っています。
   三つ目は、本校の校訓である「質実・剛健・礼節」についてです。「質実」とは真面目で飾り気がない様子、「剛健」とは心身ともに強くたくましいこと、「礼節」とは相手を尊敬し、自分自身を謙虚に顧(かえり)みて、時と場合に応じたわきまえた行動ができるということを示しています。この校訓は、時代を超えて今もなお脈々と受け継がれ、本校卒業生の心の糧となっているもので、新入生の皆さんも、日々自らを振り返る際の拠(よ)り所としてほしいと思います。校訓を礎とし、心の豊かさと生き抜く力をしっかりと磨いてください。
   これら三つを礎としながら、「夢や希望の実現に向け、様々な課題に積極的に挑戦する生徒」「確かな学力、豊かな人間性、たくましい心身を備えた生徒」「自他を尊び、地域・社会に貢献する自立した生徒」の育成を目指し、地域や保護者から信頼され愛される「魅力と活力ある学校」づくりを推進していく所存です。子どもたちが「行きたい学校」に、保護者の方々が「行かせたい学校」に、そして、在校生や卒業生が「来て良かったと思える学校」になるよう努力を重ねてまいります。どうぞ本校の教育方針を御理解いただき、今後とも保護者や金陽会(同窓会)、そして地域の皆様方の特段の御協力と御支援を賜りますようお願い申し上げます。