奈良県立山辺高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

 本校は昭和10年、地域を担う若者の育成を目的として設立された豊農塾を前身とし、昭和21年に組合立山辺農学校、同23年に県立山辺高等学校となり、現在に至っています。創立以来70有余年、大和高原の文化・学術の中心として、数多くの卒業生を輩出している歴史と伝統ある学校です。豊農塾の建学の精神である「開拓魂」は今も大切に受け継がれ、自分自身の可能性を切り開き、令和という新たな時代を切り拓いていく姿勢や決意をもって、本校生は日々の学習、クラブ活動、学校行事等に取り組んでいます。また、教職員も、モットーである「しっかり勉強、きっちり行動、はっきり発表」ができる生徒の育成を目指し、一人一人を大切にきめ細かい教育活動を展開しております。

 

 澄み切った青空、爽やかな空気、さえずり渡る鳥の声、緑に包まれた校舎・・・、豊かな自然環境のもとで学校生活を充実させていこうとする生徒、その思いを受けとめ全力でサポートする教職員に対し、温かいご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

校長 穴田 敏之

 

 

 

紅葉が山を駆け下りてきて、都介野盆地の木々が秋の装いを醸し出すようになりました。校庭のモミジやイチョウも赤や黄に染まり始めています。露地物のハクサイやダイコンの収穫の季節ともなりました。朝晩の気温が10℃を割り込み、明け方には舞い降りた霜が朝陽に照らされ、水蒸気があたりに漂っています。晴れた日の日中は空が高く、清々しい陽気となります。本校では盆地部の学校よりも一足早く、11月中旬には教室にストーブが入ります。