教育目標

日本国憲法・教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に基づき、人権の尊重を基底とした民主的な社会の形成者として必要な資質を養い、豊かな文化の創造に寄与する心身ともにたくましい生徒の育成をめざす。

  • 自他を敬愛し、誠実で寛容な精神を養う。
  • 全力を尽くして学業に専念する姿勢を育て、豊かな知性と教養を身に付けさせる。
  • 真理を求め、生命を尊び、自然を愛し、崇高なものに感動する心を育てる。
  • 物事を進んで実行できる自律的な生活態度を養う。
  • 心身の錬磨に励み、未来を切り拓くたくましい力を培う。
  • 規律と礼節を重んじ、社会連帯の精神を養う。

 

経営方針

「地域との協働による高校教育推進事業(グローカル型)」の目的を踏まえ、課題研究や各教科、体験的な学習を有機的に関連させることにより、知・徳・体の調和のとれた、自主的・創造的でグローバルな視野をもった次代のリーダーの育成を目指す。

 

重点目標

(1) 自己理解や他者との関わりをとおして、コミュニケーション力の向上を図る。

(2) 社会の一員としての自覚を促し、他者と協働する能力を養う。

(3) 探究的な学びをとおして、主体的に物事を考える習慣や論理的な思考力を養う。

(4) 自分の夢や将来を見据えた進路を設定する力を養い、その実現に向けて弛まず挑戦する強い意志を育てる。