教育目標

日本国憲法・教育基本法及び学校教育法に定められた教育の根本精神に基づき、人権の尊重を基底とした民主的な社会の形成者としての必要な資質を養い、豊かな文化の創造に寄与する心身ともにたくましい生徒の育成をめざす。

  • 自他を敬愛し、誠実で寛容な精神を養う。
  • 全力を尽くして学業に専念する姿勢を育て、豊かな知性と教養を身に付けさせる。
  • 真理を求め、生命を尊び、自然を愛し、崇高なものに感動する心を育てる。
  • 物事を進んで実行できる自律的な生活態度を養う。
  • 心身の錬磨に励み、未来を切り拓くたくましい力を培う。
  • 規律と礼節を重んじ、社会連帯の精神を養う。

 

運営方針

スーパーグローバルハイスクール事業の目的を踏まえ、使命感、実行力をもち、奈良から世界へ発信できるリーダーの育成を目指し、知・徳・体の調和のとれた、自主的・創造的で心身ともにたくましく活力ある生徒を育成する。

 

重点目標

(1) 生徒のコミュニケーション力の向上を図る。
  • 様々な教育活動を通して、生徒が互いに話し合い支え合って、信頼し合える人間関係が構築できるよう支援する。

 

(2) 生徒の社会への関心を高め、自らの意見をしっかりもたせ、他と協力し合う力を付けさせる。
  • フィールドワークの実施など、社会とのつながりを理解できるような機会を設定する。
  • 社会のルールやマナーを身に付けた生徒を育成する。
 
(3) 生徒に主体性をもって考えさせ、探究的な学びをするための手だてを講じる。
  • 課題研究を通して生徒が主体的に熟考し、確かな学力を身に付ける指導方法を開発する。
  • 授業公開や研修会などを積極的に行い、アクティブラーニングが各教科で実践されるように指導方法の研究をする。

 

(4) 生徒に将来の職業を見据えた進路目標を設定させ、その実現に向け支援する。
  • 生徒の悩みや課題を把握し、自己理解が進むよう適切に指導する。
  • 将来を見通した進路希望が持てるよう、様々な角度からの指導と適切な資料提供に努める。
  • 個別質問へのきめ細かな対応や論文指導など一人一人に適した学習支援の体制を整える。
  • 授業力の向上を図るため、学校評価や授業アンケート、授業公開などを活用して授業研究を推進する。