校訓

『人を信ずること』
『まごころをもって人に接すること』

昭和61年に造られた校訓の碑
『力を尽くす(尽力)』
『自分の力の限り努力すること』
『人を敬すること』 

 

 

校章

 

 

■校章のデザインについて
本校の前を流れる「高瀬川」のほとりに咲き乱れていた
「かわらなでしこ」の花の中央に「高」の字を配している。

<こめられた願い>
1. 強くたくましい野性の「大和なでしこ」のように、常に自分の力の限界にむかって挑む努力と勇気。
2. 凛ととした気品のある清楚な花であるように、流行に押し流されることのない剛直なる精神。
3. 大和を代表する植物であることから、郷土を愛する心と奉仕の精神。
※ 撫子の画像は「季節の花 300( http://www.hana300.com)」さんからお借りしました。

 

校歌・校旗