製パン実習

3年生

          ポテトサラダパン                               バタール                                    塩パン

           

グラハムフルーツブレット(全粒粉とドライフルーツのパン

    イングリッシュマフィン                         全粒粉&チョコのベーグル

                

1年生

           プルマンブレット(角食パン)            バゲット

            

                パン・オ・レ             パン・オ・サツマ

          

パティシエコース 1年生、3年生  10月の製パン実習メニューです。

週1回の製パン実習で、1年生は1種類、3年生は2種類

のパンを作っております。

1年 パティシエコース (洋菓子実習)

10月30日に「ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」の実技テストがありました。

今日は、それを使って「シャルロット・ポワール」(洋梨のババロアケーキ)を作りました。

  

 

1年シェフコース 社会人授業(マドレーヌ)

1年生のシェフコースでは東内先生のご指導のもと、『焦がしバターのマドレーヌ』を

作りました。シェフコースでは、料理はもちろんのことデザートの作り方も学びます。

  

3年シェフコース  社会人講師授業

久保田先生のご指導のもと、チキンのポワレ(ラタトゥイユソース)とじゃがいものポタージュを作りました。

この3年間で料理のことはもちろんのこと、社会で活躍するためのアドバイスなど多くのことを教わりました。

もうすぐ新しいステージに飛び出していく3年生にとって大変有意義な時間となりました。

  

1年シェフコース 社会人講師授業(パン、マドレーヌ)

1年生シェフコースでは、奈良市内でパン屋さんをされている「パン工房 元(げん)」磯山先生による社会人講師授業を実施しました。

今回は、ロールパンとウインナーロールを作りました。

パンはとても身近な食べ物ですが、今までに作ったことがある生徒は少なく、戸惑う場面もありましたが、

講師の先生方の優しく、丁寧なご指導のおかげで完成させることができました。

  

1年シェフコース 調理理論 「浸漬実験」

 

細胞膜の働きについて学習しています。食材によってどんな差が出るかな。

1年パティシエコース 洋菓子「デコレーションケーキ」

ココアの入ったジェノワーズにチョコクリームでデコレーションをしました。

初めてのデコレーションはとても難しかったです。でも、楽しかったです。

どんな、フルーツをのせようかな?

 

2年パティシエコース 和菓子実習「きんとん」「こなし」

季節を感じながら作りました。

 

1年パティシエコース  洋菓子実習「オムレット」

 前回実習した「ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」の復習で、「オムレット」を作りました。

  

 

3年生シェフコース 調理実習

麻婆豆腐・鶏の唐揚げ・粟米湯です。麻婆豆腐は豆鼓を入れてコク・旨味を出しました。

社会人講師授業ではチキンのポワレ ラタトゥイユソースとじゃがいものポタージュを教わりました。

ラタトゥイユを煮込む際、香り付けにタイムを入れますが、

農場のタイムを分けていただきました。ありがとうございました。

      

              

2年生シェフコース 調理実習「青椒牛肉絲・春雨とひき肉のスープ・杏仁豆腐」

たくさんのピーマンを丁寧に細切りしました。材料・調味料など忘れないように準備し、手際よく炒めていきます。ご飯のすすむメニューです。

       

3年生 製パン実習です。実技テストにむけて頑張っています。

プレッツェルとブリオッシュです。ブリオッシュはバターの風味がおいしいリッチな生地のパンです。全粒粉のパンも焼きました。

    

グラハムフルーツブレッド、ゴルゴンゾーラフーガス、ポテトサラダパンです。

フーガスの横のコッペパンは実技テストのクープ・成形の練習をしました。

    

1年生 製パン実習の様子です

くるみパンははさみを入れるバランスで色んな形になりました。あんパンは作るときは水分が多くて苦戦しましたが、

食べるとふわふわのやわらかい生地で、とってもおいしいです。けしの実と黒胡麻でかわいく仕上げました。

じゃがいもパンは初めてのはさみのカットでとても緊張しました。中にはほくほくのじゃがいもが入っています。

       

 

 

1年パティシエコース  ジェノワーズ実技テスト

1年パティシエコース初めての実技テストです。何度も練習したけれど、緊張で手が震えます。うまく膨らんだかな?

  

3年シェフコース テーブルマナー講習会

ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド の総支配人である檜山和司先生を講師としてお招きし、テーブルマナー講習会を実施しました。

サーヴィスの基本や動作、テーブルセッティングなどを「おもてなしのプロ」である先生から学ぶことができ、生徒の食に関する専門性をさらに広げることができました。

   

1年生 フラワーアレンジメントに挑戦!!

奈良県フラワー装飾技能士会の皆様を講師としてお招きし、フードデザイン科の1年生を対象としたフラワーアレンジメント講習会を実施しました。

   

フラワーアレンジメントが初めてという生徒がほとんどでしたが、先生の丁寧なご指導のおかげで、素晴らしい作品がたくさん出来上がりました。

食に携わる仕事を目指す生徒たちにとって、食事の環境を演出する事はとても大切なことです。

今回の経験を、卓上にセッティングする花や料理の盛り付けなどにも活用し、広い視野を持った食の専門家を目指していってほしいと思います。

ただいま研究中!!

パート・ドゥ・フリュイというお菓子をご存じですか?

フルーツのピュレを使ってつくるお菓子です。

いろいろなフルーツで試してみたり、ジュースでつくってみたり。

材料によって、煮詰め温度を変えてみたり仕上げのグラニュー糖の細かさを変えてみたりと、少しずつ変化させながらつくっています。

 

  

授業でつくれたらいいなあと、ポイントをチェック中です。

3年生 調理実習 「ハンバーグ・フレッシュポテトサラダ・夏野菜カレー」 

暑い中、安全のためさらに暑い服装でたくさん実習を頑張りました!

       

 

2年生 調理実習 「野菜の飾り切り ねじ梅・木の葉かぼちゃ」

1年生より難しくなってきた実技テスト! 手を切らないよう慎重に包丁をすすめます。食材を大切に使うために切りすぎないことがコツです。

                 

パティシエコース3年 夏の授業(洋菓子実習)「マジパン講習会・パリブレスト・チーズケーキ・ヨーグルトのムース・リンゴのシブースト」

今年も暑い中、夏の授業を頑張りました!3年生では、1・2年生で習った基礎を応用した授業となります。しっかりと思い出しながら作業を進めていけたかな?

    

パティシエコース2年 夏の授業(洋菓子実習)「シュガーデコレーション講習会」(和菓子実習)「みたらしだんご・きんつば・浮島など」 

2年生は夏の授業での実習は初めてでしたが、みんな元気に頑張りました!和菓子の実習では、できたてを食べてみんな嬉しそうでした。

    

3年生 調理理論 実験

普段講義として学んだことを実際に体験・実験するという授業も行っています。
果物のたんぱく質分解酵素について学んだことを実際に「寒天、アガー、ゼラチン」を使用して実験!

果物もキウイとパイナップル2種類使用しました。熱湯をかけて酵素どめをしたもの、生のものをそのまま使ったもの…



実際に実験してみると、パイナップルとキウイがゼラチンのたんぱく質を分解してしまって固まっていません!
それぞれの状態を観察・試食しそれぞれの状態をレポートとしてまとめました。

暑い中の夏季補充授業でしたが、なんとか乗り切りました。2学期からも頑張るぞ!

2年 和菓子 「柏餅」と「葛ゼリー」

  

「柏餅」を作りました。本来なら、5月の実習です。休校でできなかった課題で、季節外れではありますが

蒸したてのおいしさに感動です!!

あともう一つは、さわやかなオレンジ果汁を使用した葛ゼリーです!

1年 洋菓子実習始まる!

 真っ白なコックコートに身を包みパティシエコース実習スタートです。

緊張しながらも、わくわくが止まりません。

  

 

 

2年 和菓子実習「利久饅頭」

 大きな蒸し器を使って、「利久饅頭」を作りました。「包あん(生地であんこを包む技術)」の実習です。

生地からあんこがはみ出ないように丁寧に作業を進めます。

   

夏休み補充授業始まる 

3年シェフコース

 食品衛生学の授業で学んだ食品添加物の効果について学ぶため、たたき染めとオキシドール(酸化剤)を使った実験です。

 唐辛子の葉や大葉を綿の生地にたたき染めして、酸化すると色が変化することを実感!!経過観察をすることで酸化の変化を見ていきます。

農業科:施設草花コースから購入した唐辛子 

お茶などは酸化すると色が悪くなったり、味が悪くなるのでペットボトルのお茶は酸化防止剤が使われているんだよ☆

貼り付けてハンマーでたたいて染めます。→できあがり作品

3年 パティシエコース 製パン

 6月の分散授業の時に『おうちでフォカッチャを焼こう。』という課題を出し、ガスコンロや魚焼きグリル、オーブン、オーブントースターなど各家庭にある熱源でフォカッチャを焼いてもらいました。

普段使うオーブンと火加減が違うのでアルミホイルを被せて焦げを防いだり、途中でひっくり返したりといろいろ工夫をして焼いてくれました。

レポートには、『混ぜるだけで簡単だった』、『一晩たってもふわふわだった』、『少し焦げたので次は上手に焼けるようにしたい』など感想が書かれていました。

下にレシピを載せておきますので是非、挑戦してみてください。

                

 

おうちでフォカッチャを焼こう!! レシピ

生地

 強力粉 70g 、 薄力粉 30g 、 水 66g 、 塩 2g 、オリーブオイル 6g、インスタントドライイースト 2g

トッピング(焼く前に使用)

 塩(粗塩、岩塩 等) 適量 、 オリーブオイル(油) 適量 、 ローズマリー(なければ乾燥パセリかバジルで代用) 適量 

器具

 オーブンまたはオーブントースターまたは魚焼きグリル(使いやすいもの)ボウルまたはタッパー(生地を混ぜるので使いやすい大きさの

 もの)、ラップ(ふた)、ヘラ(ゴム製、木製あるもの)、下に敷くアルミホイル(オーブンシート)、上にかけるアルミホイルなど

準備 

・ 焼成前に使うローズマリーはオリーブオイルに漬けておく。

・ 下に敷く方と上にかける方のアルミホイルをオーブンの天板等の大きさにカットし、敷いて油(分量外)を塗っておく。

作り方

 1 すべての材料をボウルに入れて、ヘラで混ぜる。粉けがなくなるまで。

 2 ボウルにラップをし、15分寝かせる

 3 寝かせたらあまり空気を抜かないようにパンチ(1/4に折る)をし、再度15 分寝かせてパンチをし、15分寝かせる。

 4 成形  厚さ2~3cmの長方形 (オーブン等の形、大きさに合わせる)  

 5 アルミホイルを敷いた天板にのせ、蓋(アルミホイル)をする

 6 最終発酵 室温で 30~40分(2~3倍の大きさになるまで) 

 7 表面にオリーブオイルを塗り、はしで穴を空け、ローズマリー、岩塩等をふる。

 8 焼成 (家庭によって違うので、焦げ防止にアルミホイルを被せるなど、うまく焼けるように工夫してください)

 熱源・加熱方法、時間の例 

 ・オーブン         210℃のオーブンで約10~15分焼成する。

 ・オーブントースター    アルミホイルをかぶせ、 220 Wで10分、アルミホイルをとって3分

 ・魚焼きグリル       アルミホイルをかぶせ、 弱火  5分、アルミホイルをとって3分(焼き色がつくまで)ひっくり返して5分

 ・コンロ          フライパン、鍋を火にかけ 超弱火5分、ひっくり返して3分(フライパンに油を敷くか、アルミホイルを敷い

               たまま焼くかひっつかないように工夫しましょう)

 

 

2020年度開始!

    

ようやく袖を通すことができたコックコートでいよいよ1年生も実習開始★

衛生面に十分注意しながら、毎年恒例の胡瓜の小口切りからスタートです。農業科の皆さんが育ててくださった胡瓜は水みずしくて切りやすい!そしておいしい!

練習すればするほど…枚数が多く切れるようになっています。30秒で50枚以上、2㎜以下の薄さであることが実技テストの合格条件。

なかには70枚以上切れた生徒もいました。

在宅学習期間中に2,3年生は調理実習の内容「炊き込みご飯・豆ごはん」を動画で勉強し、実際に家庭で作ってみるということもしました。

学校でも家でも技術を磨いています!!

 

3年生 卒業参観 3年間の実習で学んだことを詰め込んだ料理&スイーツでお・も・て・な・し!

3年間の感謝の気持ちを込め、シェフコースは、手作りホワイトソースのマカロニグラタンなど、思い出の品を詰め込んだ『磯城の内弁当 三年間の彩りを添えて』、

パティシエコースは、実習で得た技術を集結させた苺のパフェ『イナマッスィーヌフレーズパルフェ』

を作り、高校生活最後の調理実習、製菓実習を終えました。

 

         

校外授業に参加しました!

20日、2年生のパティシエコースが、なら食と農の魅力創造国際大学校での校外授業に参加しました。

施設や設備の見学、いちごのロールケーキの作り方や盛り付け方の実演授業も受けさせていただいたほか、

本校卒業生からも学校の特徴などを聞かせてもらうことができました。

多くのことを学び、これからの進路に向けても考えることが出来た貴重な時間となりました。

2月には2年シェフコースが参加させていただく予定です!

 

  

 

3年生今年最後の洋菓子実習です!!

ミルフイユを作りました。

パイ生地にたっぷりクリームをはさみました。

ミルとは千、フイユは葉、すなわち千枚の葉という意味です。

赤いいちごがアクセントです。

サクサクパイとクリームとの相性抜群で、とてもおいしかったです。

 

11月のフードデザイン科の取り組みです

9日「奈良県産業教育フェア」へ参加しました。フードデザイン科の生徒が無料体験コーナーで箸袋作りを行いました。

文化祭ではマジパン細工・持続可能な社会を目指して(プラスチック削減ーエコバックウィズ手作りはんこ、エコたわし、ホープソープ)・課題研究中間発表・テーブルフラワーアレンジメント・食育便りや行事食・シュガーデコレーション・飾り菊・水引細工・手作りの素材を使ったハーバリウムなどの展示発表を見ていただきました。

販売では3年生がシナモンロールパンとチョコロールパン・オニオングラタンスープ、2年生がパイ4種と挽き立てコーヒーの販売を行いました。

文化祭の次の日はホリデーイン磯城野があり、名物磯城野バーガー・チーズケーキ・クッキー2種・挽き立てコーヒー・大仏の手・あめちまきを販売しました。今年も大盛況でした。寒い中販売した生徒、たくさんの販売商品を忙しく作った生徒みんながんばりました。授業を受けながら忙しく作品を作ったり、イベント準備をしましたが、販売実習ができいろいろと勉強になった充実した一月でした。来年もがんばります。

シェフコース 10月の実習も盛りだくさんでした!

1年生シェフコースでは、奈良市内でパン屋さんをされている「パン工房 元(げん)」磯山先生による社会人講師授業を実施しました。

前回、基本のロールパンを教えて頂いた際に「リクエストがあればできるだけ応えますよ」という磯山先生の言葉に生徒たちは大興奮。提出物の調理カードにはたくさん作りたいパンを書いていました。今回はその中で一番多かったメロンパンを教えて頂きました。

最後のメイクアップ時にはたくさんの模様をつけることができて、実際に作って難しいけれどとても楽しく学ぶことが出来ました!

 

2年生シェフコースでは、アップルパイをつくりました!パティシエではないけれど、生地からしっかり仕込み、アップルフィリングもつくりました。

「編み込み難しい!」と苦戦しながらひとりひとりオリジナリティのある良いものができあがりました。

 

3年生は多国籍料理で、ベトナムの「えびのフォー」、ドイツのパンケーキ「ダッチベイビー」作りました。

また、さっぱりとした「レモンゼリー」も0限に作り、3品仕上げました。

全国大会出場!!

10月27日に若羽学園奈良調理短期大学校にて食肉惣菜創作コンテストが開催されました。

フードデザイン科シェフコースからは6名が参加し、2年生の猪奥君が調理した

「大和のお茶ーしゅー お茶香るねぎ塩ソースで」が最優秀賞をいただきました。

そして、12月に東京で行われる全国大会へ駒を進めました。

大会に向けてメニューに更なる工夫をし、本番に臨みたいと思います。

 

 

柿の葉寿司 調理実習 1年 シェフコース

奈良県農村生活研究グループ協議会の方々を講師としてお招きし、1年生が柿の葉寿司を作りました。

柿の葉寿司はとても身近な食べ物ですが、今までに作ったことがある生徒は少なく、戸惑う場面もありましたが、

講師の先生方の優しく、丁寧なご指導のおかげで完成させることができました。

奈良県農村生活研究グループ協議会の先生方は、後世に郷土食を伝える活動をされておりますが、

今後は我々も伝えていきたいと思います。

そのために、これからも調理技術や知識を身につけるため、より一層の精進をしたいと思います。

  

夏休み補充講習 3年 パティシエコース 製パン実習 ②

タマネギ、ニンジン、合い挽きミンチのカレーを仕込みパン生地で包み込み、焼きカレーパンと揚げカレーパンの2種類を作りました。

揚げカレーパンは、包み方があまいと中身がすべて出てしまうので注意しましょう!!

右の写真は、イーストドーナツです。カレーパンの生地より砂糖が多めの生地で砂糖をかけたツイストとハニーグレーズをかけたリング2種類作りました。

野菜を切ったり、炒めたり、揚げ物をしたりパティシエコースでは、珍しい調理工程にワクワク、ドキドキ。

「今まで食べた中で一番おいしい!」と言いたくなりそうなカレーパンとドーナツができました。

 

  

夏休み補充講習 3年 シェフコース テーブルマナー講習会

職業能力開発協会にご尽力いただき、テーブルマナー講習会を行いました。

講師に来ていただいたホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド 総支配人である檜山和司(ひやま かずし)先生は、現代におけるレストランサーヴィスの最高峰、メートル・ド・テルの第一人者。

厚生労働省から2017年、西日本初で史上二人目となる平成29年度「卓越した技能者(現代の名工)」を受章し、さらに黄綬褒章の受章された「おもてなしのプロ」からの授業でとても貴重な経験となりました。

シェフの卵の3年生はサーヴィスの基本である姿勢、挨拶などの講義を受け、実際にサーヴィス側・お客様側としてテーブルについて体験。それぞれの目線から感じとることがたくさんありました。

  

夏休み補充講習 3年 パティシエコース 製パン実習 ①

 

    

左からから全粒粉食パン、パン・ド・カンパーニュ、一番右は全粒粉食パンと手作りホワイトソースのクロックムッシュと

パン・ド・カンパーニュを使用したネギのタルティーヌ&トマトとズッキーニのタルティーヌを作りました。

パンを焼く日と焼いたパンを加工する日、2日に分けて実習を行いました。

かなりボリュームのあるランチでしたが、ペロリといただいちゃいました。

 

夏休み中も補充授業を頑張っています!

 フードデザイン科では、資格取得に向けて夏休み中も暑さに負けずに補充授業に取り組んでいます。 

先日、パティシエコースでは2年生のシュガーデコレーション講習と3年生のマジパン講習が行われました。

社会人講師による講習ということで、プロの技術を間近で見られる貴重な時間となりました。

生徒たちは慣れない作業ながらも、思い思いにバラやウサギを作っていました。

秋に開催されるコンテストに向けてみんなでがんばって制作していきます。

 

 

磯城野レスティバーガーいかがですか!

田原本町唐古の道の駅「レスティ唐古・鍵」で7月6日、「磯城野レスティバーガー」が販売されました。

この「磯城野レスティバーガー」は、フードデザイン科考案の「磯城野バーガー」のレシピをもとに道の駅がアレンジしてできたものです。

田原本町生産の大和野菜「味間芋」のコロッケが特徴でボリューム満点です。

この日、生徒たちは記者発表で「磯城野レスティバーガーを」紹介し、販売のお手伝いをさせていただきました。

「磯城野レスティバーガーいかがですか!」という生徒たちの元気な声が道の駅に響き渡りました。

道の駅の店員さんからは「活気が出ていいですね。」と喜んでいただきました。

新しい名物になりますように!!

 

 

 

フードデザイン科

3年パティシエコース 洋菓子実習

3年生パティシエコースの実習では、先日、「サントノレ」をつくりました。

カラメルが熱いうちに手早くシュー皮につけて土台につけることと、初めて使う口金で生クリームを絞ることに少し戸惑っていたようですが、

みんな真剣に取り組んでいました。

おいしくて安全に、そしてきれいなお菓子をつくれるよう、日々頑張っています!!

  

 

フードデザイン科

3年シェフコース「集団給食」デビュー

 3年シェフコースが、「総合調理実習」という授業で集団給食実習をスタートさせました。

本日の献立は、「白米飯、肉じゃが、ほうれん草のおひたし、油揚げとわかめのみそ汁、オレンジゼリー」です。

カレーなら250食が作れる回転釜を使って肉じゃがを作りました。

緊張しながらも、みんなで声をかけあって頑張りました。

「 次は担任の先生に食べてもらうぞー!オー!! 」

 

 

 

夏号

6月号

4・5月号

年度末だよ号

新春号

秋冬号

9月号

夏休み号

6月号