奈良県立桜井高等学校 学校長 吉村 利彦

 本校は、明治37(1904)年に奈良県立桜井高等女学校として開校しました。昭和23(1948)年の学制改革で男女共学の県立桜井高等学校となり、今年度で

創立115年目を迎える歴史と伝統を誇る学校です。本校の敷地内には、創立時に建てられた講堂、初代山崎校長の銅像、ピアノの名器「スタインウェイ」、

四季ザクラをはじめとした多くの樹木や草花など、長い歴史を感じさせるものがたくさん残されています。

 

 校訓 「普く 絶えず 正しく」

   =総てに対して 常に 正しいと信じることに最善を尽くす」 

 

  本年度の重点目標

   

                        「志を高く、自己を啓き、未来を拓こう」

       

 

  変化が激しい社会を生き抜いていくためには、変化を恐れず、自ら常に進化していくことや他者の価値観を受け入れると同時に、自分の理想する世界を

実現するための価値観を取捨選択することが求められます。本校では、一人ひとりがアイデンティティを確立し、自分をコントロールする力量を養い、

他者とのコミュニケーションを図りながら、生涯にわたり主体的により良く生きようとする姿勢の育成を目指します。

 

  自分の未来は他から与えられるものではなく、身につけた力によって得られるものであり、切り拓くものであるとの認識のもと、学習活動や部活動等

すべての教育活動において他者との共働を意識しつつ自己を啓発し、磨いていこうとする意思と態度を育む。