奈良県立二階堂高等学校長 

かみじ ひであき

上地 英彰

 本校はキャリアデザイン科(総合学科)としての強みを生かして、地域社会や国際社会に貢献できる人材の育成を目指したキャリア教育を推進し、多様な人々とつながり、仕事をし、生きていくために必要な力である「社会人基礎力」を身に付けた生徒の育成を目指した教育活動を行っています。
 昨年度から文部科学省の「地域との協働による高等学校教育改革推進事業指定校」に地域協働推進校(アソシエイト校)として参加し、「DCSプロジェクト[Deep learning Connected to Society]~実社会とつながった深い学びに向かう力の育成プロジェクト~」として、天理市・県内大学・地元産業界と協働して、地域課題の解決等の探究的な学びを推進するとともに、本校がこれまで行ってきた取組を検証し、さらに深化、充実させています。
 今後も一人一人の生徒の個性と能力、可能性を伸ばすキャリア教育を推進することにより、保護者の皆様から信頼され、地域の方々に愛される学校となるよう精一杯努力して参りますので、どうぞよろしくお願いします。