奈良県域統合型校務支援システム導入

奈良県域統合型校務支援システム導入実証研究事業について

奈良県教育委員会は、文部科学省の「学校ICT環境整備促進実証研究事業」(統合型校務支援システム導入実証研究事業)に採択され、『統合型校務支援システムの導入のための手引き』 に基づいて、奈良県域で統合型校務支援システムを導入するための実証研究事業を実施しています。

 

1.事業の背景

 将来の変化を予測することが困難な時代を迎え、人々が未来社会を創造的に生きようとし、よりよい社会づくりに前向きな気持ちで参画するための資質・能力を、学校教育でしっかりと育成することが求められ、学習指導要領では、「カリキュラム・マネジメント」や「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善が重要視されています。我が国の学校・教員は、諸外国よりも広範な役割を担い、学校が抱える課題は複雑化・困難化しており、教員勤務実態調査(平成28年度)の集計では、教員の厳しい勤務実態が示されています。

 中央教育審議会「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について(中間まとめ)(平成29年12月22日)」では、学校における働き方改革による業務の質的転換を図り、限られた時間の中で教員と児童生徒がしっかりと時間を確保するために、教員の長時間勤務の解消及び教育の質の維持向上を図るための具体的な解決策の1つとして、統合型校務支援システムの導入により業務の効率化などを図ることが示されています。また、統合型校務支援システムの調達コストや運用コストを抑制し、統合型校務支援システムの整備の促進を図るための有効な方法の一つとして、都道府県と域内の市区町村との連携により、都道府県単位での統合型校務支援システムの共同調達・運用に向けた取組を進めることが重要であることも示されています。

 平成30年3月1日現在の「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」では、奈良県の統合型校務支援システム普及率は全国と比較して低く、各校における校務の遂行が、現代の技術革新に見合わない状態で効率化が図られていなかったり、学校の環境の差によって校務事務にも差異が生じているという実態があります。さらには、担当者に特定の業務負担が集中すること、担当者の異動時の引継ぎが難しいため年度替わりの業務や運用に支障をきたしていること、学校が変わるとシステムが変わるため業務に関するスキルが積み上がっていかないことなども問題となっています。

2.事業の目的

 奈良県の統合型校務支援システムの導入が全国と比較して遅れているという現状を踏まえ、文部科学省の学校ICT環境整備促進実証研究事業を活用し、奈良県教育委員会が各市町村をとりまとめて協力し、統合型校務支援システムを県内すべての学校に調達・運用することを目指した実証研究を行い、調達方法の在り方やそれに係る事務負担の軽減、運用・保守に係るコストの削減、帳票等の標準化による教員の業務改善について検証することを目的とします。

3.事業の方針

 文部科学省の実証研究として、基本的な考え方や調達は「統合型校務支援システムの導入のための手引き(文部科学省、平成30年3月)」により進めていくこととします。奈良県内のすべての公立小・中・高・特別支援学校に統合型校務支援システムが導入され、自治体・校種を超えてデータを共有ができることを前提とし、その実現のために必要となる教員の業務改善に資するための実態把握、システムやネットワーク等の活用についての実証研究、変容調査等を行い、学校教育の質の向上を目指します。

 

4.統合型校務支援システムの導入のための手引き

 文部科学省 「統合型校務支援システムの導入のための手引き」

 

5.受託事業者(入札により決定)

  • 統合型校務支援システム導入業務委託 株式会社オプテージ/日本電気株式会社/株式会社システムディ
  • 教員の働き方に関する調査業務委託 ソフトバンク株式会社

 

6.事業担当

ヘルプデスク(8月開設予定)

●システムに関すること

 Tel: 

   E-mail: 

●働き方調査に関すること

 Tel: 

   E-mail: 

事業全体に関すること(奈良県立教育研究所)

 Tel: 0744-33-8907 

   E-mail: togokomu@e-net.nara.jp

 

7.組織

 

8.会合

当面のスケジュール

運用検討協議会(幹事会)

 (次回)7月26日(金)14:30~16:00 奈良県立教育研究所 本館3階教育工学室

研究推進委員会(全体会)

 (次回)8月27日(火)16:00~17:00

 

 

9.令和元年度から運用を開始する学校を対象としたシステム説明会(各校1名/各回40名程度 申込み順)

「初期設定・児童生徒データ移行」※以下4回とも同一内容です

7月25日 9:00~12:00 奈良教育大学情報館3階

7月25日 14:00~17:00 奈良教育大学情報館3階

8月7日 9:00~12:00 県立教育研究所分館2階

8月7日 14:00~17:00 県立教育研究所分館2階

 
「校務一般操作・グループウェア操作研修」※以下4回とも同一内容です

8月26日 9:00~12:00 県立教育研究所分館2階

8月26日 14:00~17:00 県立教育研究所分館2階

8月28日 9:00~12:00 県立教育研究所分館2階

8月28日 14:00~17:00 県立教育研究所分館2階

 
「成績初期設定・成績入力研修」※以下4回とも同一内容です

9月10日 9:00~12:00 県立教育研究所分館2階

9月10日 14:00~17:00 県立教育研究所分館2階

9月24日 9:00~12:00 県立教育研究所分館2階

9月24日 14:00~17:00 県立教育研究所分館2階

 
【中学校対象】「進路・調査書データ入力研修」※以下2回とも同一内容です

10月23日 9:00~12:00 奈良教育大学情報館3階

10月23日 14:00~17:00 奈良教育大学情報館3階

  • 奈良教育大学会場への自家用車等での来場はご遠慮ください。
  • 申込受付メールが届いていない方もおられますが、日程調整していただく必要がある方については別途連絡済みですので、申し込まれた通りに御参加ください。​

研修に関する問い合わせ先:県立教育研究所 ICT教育係

ict-mirai@nps.ed.jp

0744-33-8907

 

10.各校から推薦されたSTEAM教育エバンジェリストを対象としたシステム説明会(各回40名まで)

上記システム研修とは別に開催される、研修でシステムの説明者となるためのリーダー研修です。
予定が決まり次第、日程公表します。

 

11.市町村教育委員会等が主催して開催する講習・説明会・勉強会等

御所市教育委員会「統合型校務支援システム検討会議」 6月25日(火)10:00~ 
統合型校務支援システムとは:県教委 小崎主幹
斑鳩町教頭会「システム体験」 7月10日(水)14:00~ 
基本操作体験:(株)システムディ
桜井市教頭会・事務担当者会「統合型校務支援システム」 8月5日(月)14:00~ 
統合型校務支援システムとは:県教委 小崎主幹
天川村夏季研修「統合型校務支援システム」 8月6日(火)13:00~ 
統合型校務支援システムの意義:県教委 小崎主幹
奈良教職員組合「第29回 ユニオンセミナー」 8月7日(水)14:00~ 
働き方改革と統合型校務支援システム:県教委 小崎主幹

 

12.調査・検証

奈良県の先生の働き方調査のページへ

 

 

 

事業関連情報

文部科学省
  1. 奈良県の教育の情報化の実態に係る主な指標
  2. 平成29年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(概要)〔確定値〕
  3. 平成29年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果データ
奈良県教育委員会
  1. 平成30年度奈良県教育振興大綱アクションプラン 
  2. 奈良市スマートスクールの取り組みについて 2018.11.13
  3. 奈良県教育委員会×モリサワ 教育の現場でのUDフォントの可能性 2018.10
  4. ICTの活用指導力が最下位、奈良県が大学・企業と「教育」に取り組むワケ 2018.04.11
  5. ICT時代のための教員の育成~奈良県教育委員会の取り組みから 2018.04.06
  6. 授業に創造性をー。アドビ×SFC×奈良が目指す未来の教育とは? 2018.03.24
  7. デジタルハリウッド、奈良県教育委員会と公立学校のICT活用教育エバンジェリスト育成を推進 2018.02.09 
  8. 奈良県教育委員会×モリサワ 教育の現場でのUDフォントの可能性 2018.10
  9. 奈良県がアドビ製品で目指す「アクティブラーニング」の具体像とは? 2017.04.20