119日に台湾の稻江高級護理家事職業學校の生徒とWeb交流を行いました。

 

本来であれば台湾の生徒を畝傍高校に招いての交流になるのですが、今年は新型コロナウイルスの影響により、パソコンを通じてのWeb交流になりました。

 

初めに全体であいさつをした後、各グループに分かれて自己紹介や畝傍高校の紹介、日本の文化、興味のあることなどについて、主に英語を用いて会話をしました。稻江高級護理家事職業學校の生徒は日本語の勉強をしているということもあり、時折日本語も交えながら楽しく交流していました。

 

生徒も初めは緊張していましたが、交流をしていくうちに段々と緊張がほぐれていき、最後には「あっという間に終わった」「台湾の食事や学校生活にとても興味がわいた」「全部英語でスムーズに話せるようにしたい」などという声が多く上がり、楽しく、有意義な交流になりました。