「職業人から学ぶ」(第2学年)を実施しました

   令和2年2月7日(金)の午後、第2学年では学年行事として、「職業人から学ぶ」を実施しました。これは、キャリア教育の一環として、実際に社会の第一線で活躍されている社会人の方々を講師としてお招きし、ご講演を通して、生徒が将来の進路決定の指針を学ぶ機会とすることを目的としたものです。

   業種は、教育、法律、金融、国際関係、心理学、経営コンサルタント、工学・流通、工学・建築、工学・化学、食品・栄養、医療・薬剤師、医療・医師、看護師・助産師、理系研究職、スポーツ全般の15分野について、計16人の講師の先生方にご講演いただきました。

   第2学年の生徒は、それぞれの進路希望に従って各自の講座を受講し、各会場とも、まさに現場の第一線でご活躍なされているプロフェッショナルの先生方の生の言葉をお聞きできる機会ということで、どの生徒も関心を持って熱心に取り組んでいました。ご講演の内容は、専門的なお話だけでなく、普段お聞きできない仕事の苦労話や裏話なども織り交ぜていただき、質疑応答では活発な質問が飛び交い、生徒の反響の大きさをうかがい知ることができました。

   第2学年の生徒諸君は、今回の経験を通して仕事の大切さとその喜びを学ばせていただいたことで、より具体的な進路目標を設定し、その実現に向けてスタートしてくれることと思います。

  講師の先生方には、生徒らに今後の人生における貴重な示唆を与えていただいたことを心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。