10月28日(土)けいはんなプラザで開催された「まほろば・けいはんなサイエンスフェスティバル」に13名の生徒が参加しました。前半は、京都大学フィールド科学教育研究センター瀬戸臨海実験所の久保田信准教授による「不老不死の生物、ベニクラゲの神秘に迫る!」と題した講演と歌を聞かせていただき、生物世界の神秘を感じました。講演の後は活発な質疑応答が行われ、本校生徒も積極的に質問をしていました。後半は、中高生による研究発表(ポスターセッション)が行われ、他校の様々な研究発表を見ることができました。本校物理部も「水が飛び跳ねないためには」と題して、自分たちの研究内容を発表しました。発表する側として参加することで、生徒たちには大変良い経験になったと思います。