第二年生の奈良TIMEフィールドワークについて紹介します。「地元・奈良県の実態を知り、『知らなかった自分』を知る」というテーマのもと、県内各地へ実際に訪れ、学習を深めます。生徒は15講座の中から2つ選択し、それぞれフィールドワークを行います。今年度は、5月9日(火)と5月30日(火)の午後に実施しました。奈良県の様々な場所で、様々な体験や研修を行わせていただき、奈良県の魅力を再発見することができました。

A1 世界遺産 薬師寺を知る  (薬師寺)

 

 

A2 お茶と地域づくり (健一自然農園)

 

 

A3 地域医療の取組 (宇陀市立病院)

 

 

 

A4 鉄道会社の観光に関する取組について学ぶ

                                  (近鉄橿原神宮前駅)

 

 

 

 

A5 ジビエって何? ~五條から学ぶ

(五條市役所及び五條市食肉処理加工施設「ジビ

エール五條」)

 

 

 

 

A6 ブライマイ~今井町の魅力探索とその発信~

                                         (橿原市今井町)

 

 

 

 

A7 源流学への誘い   (吉野郡川上村)

 

 

A8 水を守る 

(奈良県第2浄化センター/北葛城郡広陵町)

 

   

 

B1 水をつくる (御所浄水場)

 

 

 

B2 地域を支える行政の取組とテクノロジー

                     (奈良県産業振興総合センター)

 

 

 

 

B3 神道を学ぶ  (大神神社)

 

 

 

 

B4 奈良の伝統産業と自然の関わりを知る

(森野旧薬園・松山地区まちづくりセンター)

 

 

 

 

B5 砂防(SABO)を知る

(国土交通省近畿地方整備局紀伊山地砂防事務所/五條市)

 

 

 

 

 

B6  奈良県の林業と木材の活用(吉野郡川上村)

 

 

 

 

 

 

 

B7 まちづくりを学ぶ~大和郡山

           (大和郡山市役所及び柳町商店街)