9月14日(水)、パネルディスカッション方式で、4名の大学生(本校卒業生)が1年生生徒を対象に話をする「先輩の話を聞く会」を下記の要領で実施しました。
 司会は2名の1年生徒が務め、先輩の話を上手に引きだしていました。類型登録を控えた生徒たちにとっては参考になることも多く、質疑応答では積極的な質問をしていました。

1 目  的     今年度卒業した先輩から進路に関する体験談や考え方を聞き、
         自らの類型選択のあり方について考える。

2 日  時   9月14日(水)6限  (14:25~15:15)

3 場  所   文化創造館

4 形  式   パネルディスカッション形式

5 パネラー   文系2名:大阪市立大学生(法学部、経済学部)
         理系2名:神戸大学生(発達科学部)
              大阪教育大学生(教育学部)

6 内  容   高校時代の学習方法と類型選択の在り方について
               ① 進行からパネルディスカッションの内容について説明

             ② 各パネラーから自己紹介

             ③ 大学進学の目標設定と類型選択の在り方について
           (1) 目標設定への動機
                               (2) 大学での研究内容や将来の職業について
           (3) 類型選択の方法・理由
           (4) 類型に分かれてからの学習
         ④ 高校時代の学習・生活について
           (1) 部活動と勉強との両立
           (2) 塾に対する考え方や活用方法
           (3) 1年生で今の間に学習しておきたいこと
           (4) 大学受験時の苦労
           (5) 3年間を振り返って
         ⑤ 質疑応答
         ⑥ 学年主任からのまとめの話