講演会「宇宙からみる地球の息吹-地球温暖化のいま」(奈良県教育委員会主催)が、6月11日(土)東大寺文化センターで開催されました。畝傍高校からは15名の生徒が参加しました。アメリカ航空宇宙局(NASA)や宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究者の方々のお話を伺うことができました。

GOSAT「いぶき」(日本)、OCO-2「炭素観測衛星2号」(米国)の2つの衛星は地球規模の大気変動を緻密に測定しています。地球上の二酸化炭素濃度を表す映像は美しく明快で、印象深いものでした。NASAの先生方は英語で講演されました。参加者は熱心に聞いていました。

講演では、研究生活の様子も紹介されました。また、奈良県の他校高校生がプレゼンテーションをおこない、パネルディスカッションも開かれるなど、盛りだくさんの内容でした。これからの高校生活をすすめていくうえで、よい刺激になったと思います。