9月10日(火)~9月11日(水)北海道立総合体育センター北海きたえーるにおいて開催された世界津波の日2019高校生サミット in 北海道に本校第2学年より2名の代表生徒を派遣しました。

津波の脅威と対策について理解と関心を深めることを目的として国連において日本が提唱し、採択された11月5日の「世界津波の日」にちなんで、自然災害から国民の生命や財産を保護し、生活に与える影響を最小化できるリーダーの育成を目指して世界各国から高校生が集まりました。

1日目は開会式、参加国の紹介などを終えた後、グループに分かれて討論を行いました。

2日目は記念植樹などのイベントを行った後、閉会式において大会宣言の発表が行われました。

代表生徒2名は事前の準備や研修などにも熱心に取り組み、現地においても活発な意見交換をしてくれました。