6月10日、朝日新聞大阪本社の江原健大先生を講師に招き、1年生を対象に「日常における気づきの大切さ」について講演をしていただきました。

今年度に入学した1年生が取り組んでいる「気づきのノート」の取り組みにも関わる内容であり、生徒たちは真剣に話を聞いている様子でした。

新聞をはじめとするニュースの見方などに関して、日常における気づきを持つことの大切さを学びました。

次年度より本格的に始まる課題研究の取り組みなど、様々な学習につながっていくことを期待します。