7月3日(木)に、上智大学吉田研作教授をお招きし、1年生の「コミュニケーション英語Ⅰ」及び「グローバル英語」で研究授業を実施しました。生徒たちは大勢の先生方が見学するなか、のびのびと楽しく授業を受けていました。
「コミュニケーション英語Ⅰ」ではanticipation(予測)として、各自が教科書の本文の一部分が書かれた紙片から読み取れる情報を出し合い、本文の内容を予測するといったワークなどを通して、生徒は意欲的に英語の学習に取り組んでいました。

「グローバル英語」では、英語科の先生、ALT、地歴公民科の先生のティームティーチングによって、生徒が環境問題に関する話し合いを英語で行えるような工夫がされていました。生徒たちは、グループワークをして、夏に涼をとる方法として現代と江戸時代に共通するものは何かなど議論を深めていました。

研究授業の後、吉田研作先生を囲んで研究協議が行われ、アクティブラーニングの授業づくりについて研修を深めました。