11月2日(土)に、京都府精華町のけいはんなプラザで開催された「まほろば・けいはんなSSHサイエンスフェスティバル」に10名の生徒が参加しました。本年度も2名の生徒が実行委員として司会等、運営にも携わりました。本年度は午前中に情報通信研究機構の研究員の方によるサイエンストーク「AI技術の基礎の基礎」「細胞は動くミクロ機械」に参加させていただきました。午後は東京大学生産技術研究所教授の大島まり先生の講演「血液の流れを診る」を聴かせていただき、その後は中高生によるポスターセッションに参加、様々な研究発表を見せていただきました。他校の生徒たちの研究を見て回り、生徒たちには大変良い刺激になったと思います。