平成30918日(火)から25日(火)にかけて、本校生徒15名が日米草の根サミットに参加します。

同サミットは、公益財団法人国際草の根交流センターが毎年日本とアメリカで交互に開催している約1週間の国際交流イベントで、今年度は第28回大会になります。

同サミットに東日本大震災に寄せられた復興基金を用いて、高校生代表の派遣交流が始まって数年、昨年度の奈良大会でアメリカの代表生徒を受け入れた縁で、今年度本校生が高校生代表として招待され昨年度ホストファミリー受入家庭の生徒を中心に訪問生徒団が組織され、今回訪問に出発しました。

こちらのページでは、その情報を随時更新していきます。

 

第1日

 成田空港の国際線をチェックインしました。フライトは予定時刻通りです。

  

 

第2日

 無事、シアトルに着きました。

 市内のウォーキングツアーが終わり、夕食に向かうところです。みんな元気です。

    

 

第3日

 本日も予定通り無事終了しました。

 プレゼンテーションもうまくいき、生徒らもホッとした様子でした。

 明日は朝から現地校のマウントバーノン高校に行きます。

  

  

  

 

第4日

 生徒は皆各自のホストに学校案内、授業参加をしました。皆すぐに打ち解けていました。

 写真は現地校でのプレゼンの様子です。

  

  

 

第5日

 生徒はホストの生徒と一日中一緒に授業を受けました。もちろん英語での授業ですので、英語を聞くのがしんどいと思い始めた生徒もいましたが、皆元気です。夜に学校対抗のフットボールの試合があり、見に行く生徒もいるようです。

 

第6日

 本日はホストファミリーとそれぞれ一日を過ごしました。

 

第7日

 クロージングセレモニーがあり、無事終了しました。皆ホストファミリーとの別れを惜しんでいました。明日はシアトルから日本に戻るため飛行機に乗ります。