3月29日 第11回声楽アサンブルコンテスト全国大会畝傍高校音楽部金賞受賞県教育長へ報告! 

吉田県教育長に、「第11回声楽アサンブルコンテスト全国大会」高等学校部門で、畝傍高校音楽部が奈良県で初の金賞受賞となったことを報告しました。

 

3月25日 畝傍高校音楽部が快挙!

畝傍高校音楽部が、3月23日に福島市で開催された「第11回声楽アサンブルコンテスト全国大会」の高等学校部門40校中2位(同点2校)となり、高等学校部門で奈良県で初の金賞受賞となりました。また、小・ジュニア、中、高、一般の部門でそれぞれ金賞を受賞した全16団体が3月25日開催の本選へと進み、畝傍高校音楽部は全体の中で第6位となり「審査員特別賞」を受賞しました。生徒たちが私に最後のサプライズをプレゼントしてくれました。本選の演奏はどの団体も洗練されたすばらしいハーモニーであり堪能させていただきました。

 

3月22日 離任式から

私も含め年度末をもって畝傍高校を離れる者の離任式がありました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

「感謝」
                                                                                                      校長 浅田重義

 今年度末で定年退職を迎えます。畝傍高校に着任させていただいてから約三年、校長室に掲げられた扁額に記された「至誠、至善、堅忍、力行」の校訓を見上げるたびに、畝傍高校の原点がここにあると強く感じながら、その重責を果たすべく畝傍高校のさらなる充実と発展に取り組んでまいりました。
 育友会、金鵄会、先生方、生徒の皆さんの支えを受け、百二十周年記念事業の成功やスーパーグローバルハイスクール事業の実施など、本校歴史の一ページを刻むことができ感慨一入です。着任時に掲げた学校スローガン「元気なあいさつ笑顔いっぱいの学校づくり」を日々実践してくれた生徒との思い出は私の生涯の宝物となりました。

 畝高祭オープニング・エンディングも三回経験しました。ある時は「世界一周旅行の飛行機の機長」、またある時は「過去や未来を行き来する博士」、またある時は「番組収録の企画でマラソンに挑戦するランナー」と、私自身たいへん楽しませていただきました。今年度のマラソンランナー役については、ブルゾンちえみさんのものまねをしました。
 いずれにせよ、勉学、部活動、学校行事など、1ミリたりとも手を抜かず全力で取り組む生徒の姿を見るたびに、無限のエネルギーを私が頂戴していたように思います。
 とりわけ、私が脳梗塞で倒れ九死に一生を得た折りにも、入院中の私にいただいた生徒からのエールにどれほど支えられたことか、そのときのことを思い出すたびに今も目頭が熱くなります。この三年間、皆さんに支えられましたことに対しまして、重ねて深く感謝します。

 畝傍高校でよく空を見上げていました。青い空がとても好きです。苦しいとき、つらいとき、どしゃぶりの雨の日も雲の上は真っ青な空が広がっていると思うと心が少し軽くなります。

Even if it is rainy,have a blue sky in your heart.
Thank you so much for your kindness.
Good luck. See you again.

 

3月21日 サッカー部公式戦 対奈良北高校

この日は大変な強風の中、奈良県立西和清陵高等学校においてリーグ戦による試合の一つがありました。畝傍高校は奈良北高校と対戦し、0対0の引き分けでした。

 

3月20日 賞状伝達式、壮行会、平成29年度修了式から

 

3月19日 合格者説明会から

雨となったこの日、文化創造館において合格者説明会を開催しました。文化創造館のエントランスでは華道部生徒の作品を展示して華道部展を説明会出席生徒・保護者に見ていただきました。物品購入など終わられた合格者に対して各部活動の熱心な勧誘がありました。

 

3月8日~3月15日 SGHアドバンストコース海外研修無事帰国!

畝傍高校SGHアドバンストコースの2年生22人が、3月8日(木)から3月15日(木)の日程で訪問していた、オーストラリアバイロンベイ高校での海外研修を終え、3月15日夜に予定通り関空に到着しました。オーストラリアバイロンベイ高校のマーカス校長先生始めスタッフのみなさん、生徒を受け入れてくださったホームステイ先の方々、お世話になったすべての方に厚くお礼申し上げます。参加した生徒には、今回の貴重な体験を通して得たものを是非とも今後に生かしてほしいと思います。

 

3月7日 校庭の植栽剪定をしていただきました!

伸び放題となっていた松など、剪定をしていただきました。太陽には暈がかかり、天候は下り坂のようです。

 

3月6日 部活動から

 

3月6日 アドバンストコース生徒、オーストラリア研修旅行準備中!

3月8日から8日間の日程で、SGHアドバンストコースの生徒2年生22人が、交流校のオーストラリア連邦ニューサウスウェルズ州バイロンベイ高校を訪問します。研修旅行では、英語でのコミュニケーションはもちろんのこと、さまざまなことにチャレンジしてほしいと思います。そして、南天の星空をしっかり観望してきてほしいと思います。この日は外貨で用意されたお小遣いを確認中です。

 

3月6日 梅満開、ウグイスのさえずり確認!

今日は1・2年生学年末考査返却の日でした。今年は梅の開花が例年より遅いようですが、食堂横の庭ではようやく満開となっていました。先週からウグイスのさえずりがどこからともなく聞こえてきます。

 

3月5日 個人ロッカー清掃中!

整備委員の生徒が、卒業生が使用していた個人用ロッカーを新入生が気持ちよく使えるようにていねいに時間を惜しまずきれいにしてくれました。本当にご苦労様でした。

 

3月1日 平成29年度第70回卒業証書授与式を挙行しました!

夜半からの春の嵐による強風で一部の公共交通機関で運転見合わせなどがあり心配しましたが、第70回卒業証書授与式を無事終えることができました。卒業生及び保護者の皆様おめでとうございます。

平成29年度第70回卒業証書授与式 式辞

 例年にない厳しい冬を越え、ピョンチャンオリンピックでの日本選手活躍の興奮冷めあらぬ中、昨晩より春の嵐が吹き荒れ、まさに春一番となった今日、金鵄会会長、育友会会長をはじめ、多数のご来賓の皆様方のご臨席を賜り、畝傍高等学校第70回卒業証書授与式を挙行できますことは、この上ない慶びであります。ここに、高壇からではございますが、心より厚くお礼を申し上げます。
 また、ご列席いただきました、多くの保護者の皆様方には、お子様のご卒業をお慶び申し上げますとともに、これまで本校にお寄せいただきました、温かいご支援、ご協力に心から厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

 さて、ただ今、卒業証書を授与されました、398名の皆さん、ご卒業本当におめでとうございます。
 ふり返ってみますと、3年前、この文化創造館で入学許可をしたときの皆さんは、まだ幼さが残る、どこか頼りない感じであったように思います。その皆さんが、日々の授業はもちろん、部活動をはじめ、体育大会、畝高祭など、学校行事等を通して、様々なことを学び、多くの体験を積んできました。特に、皆さんはスーパーグローバルハイスクール二期生として、道なき道を拓き、また、幸運にも創立120周年記念式典の開催に立ち合うなど、これらのことは一人一人の記憶に深く刻まれたことと思います。

 さて、人工知能、IoT、ロボット技術等の進歩は、身の回りのあらゆるものがインターネットでつながり、自動的に判断し制御し運用する技術が、私たちの日常を大きく変えようとしています。この変革は、第4次産業革命とも言われ、今後の社会のあり方そのものを大きく変えるものとなっています。生活の利便性が向上する恩恵を享受するだけでなく人の仕事が機械に取って代わられ、これまで身に付けた知識や技術が役に立たなくなることさえあるかもしれません。2045年には人工知能が人間を超えるシンギュラリティの時代が到来するともいわれています。
 このような、変化の激しい予測の困難な社会において、皆さんは、何を選択しどう生きるのか、さまざまな場面で決断を迫られることになります。自らの道を自らの意志で探し求め、正解のない課題に向き合い、力強く生き抜いていく、たくましさが求められると考えています。

 そこで、皆さんを送り出すに当たって、私から3つのことを話しておきたいと思います。
 まず、一つ目は、3年前の入学式でもお話をした「高い志と大きい夢を持つこと」です。今年は明治維新から150年周年を迎える年となりますが、幕末の動乱期、明治維新を成し遂げる多くの門下生を輩出した、松下村塾の吉田松陰の名言に、「夢なき者に理想なし。理想なき者に計画なし。計画なき者に実行なし。実行なき者に成功なし。ゆえに、夢なき者に成功なし。」というのがあります。人生において節目となる重要な時期に、自分の将来をしっかり見つめ、高い志と大きな夢を持ってほしいと思います。まずは、こうなりたいというイメージを描いてください。そして、夢の実現に向け、理想を描き計画し、実行してほしいと思います。

 二つ目は、校訓の「至誠・至善・堅忍・力行」を胸に刻んでおいてほしいということです。校訓は、時代を超えて今もなお脈々と受け継がれ、本校卒業生の心の糧となっているものです。とりわけ、畝傍高校を巣立つ皆さんに強調したいのは、「至誠」ということです。よく感じることなのですが、畝高生は特別に意識せずとも「素直さ、誠実さ」を自ずと持っていると私は思っています。その「素直さ、誠実さ」を、一生涯自分の宝として失わず、大切にしてほしいのです。「至誠」とは、自分に対して正直に生きることであり、また、見下すことなく誠を尽くし、人と誠実に接することです。素直で誠実な心を持つことによって、人から信頼され、お互い助け助けられ、ひいては自分の夢の実現につながるものと思います。

 三つ目は、元気なあいさつ、笑顔いっぱいの人生を送ってほしいということです。私は、「元気なあいさつ、笑顔いっぱいの学校づくり」を、機会あるごとに呼びかけ、自分も実践してきました。
 皆さんは、将来、社会のリーダーとして活躍することが期待される有望な人材です。自分の夢を実現し、社会に貢献するためには、自身の覚悟と努力はもちろんのことですが、さまざまな価値観、多様な考えを持った人と、理解し合い、協力し合うことが不可欠です。人としてその信頼関係のベースとなるのが、あいさつであり、笑顔ではないかと思います。

 卒業生の皆さん。120年の歴史と伝統のある畝傍高等学校で学んだという自信と誇りを胸に、この学舎をいつまでも心のふるさととして、人生の新たな扉を開いてください。皆さんにとって、畝傍高校は、いつでも、いつまでも母校です。

 名残は尽きません。最後になりましたが、2年前、私が病気で倒れた折りに、皆さんからの励ましは、私に元気を与え、早く学校へ復帰して頑張りたいという強い気持ちを奮い立たせてくれました。入院中の私にいただいた生徒、保護者の皆さんからのエールに改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。皆さんのご活躍と、ご健康、ご多幸を祈念して式辞といたします。

  平成30年3月1日
      奈良県立畝傍高等学校
     校長  浅 田 重 義

      Good luck!  I’m sure you’ll succeed.
        See you again. 

 

2月28日 卒業式予行・表彰式・記念品贈呈式を行いました!

今日は、3学年がそろって久々に登校しました。卒業式予行の後、学校表彰として「至誠賞」「畝傍賞」「力行賞」のほか、「県高等学校PTA連合会賞」(12カ年皆出席)などの表彰式を行いました。また、卒業記念品贈呈式も執り行いました。いよいよ明日は卒業式です。

 

2月10日 平成29年度「スーパーグローバルハイスクール研究発表会」開催!

畝傍高校文化創造館において、「SGH研究発表会」を開催しました。1年生は「奈良の魅力発展プロポーザル」、2年生は「未来への提言」ということで、それぞれ3グループずつ発表を行い質疑応答をもちました。どの発表に対しても素朴な質問や鋭い質問などがあり、発表者が応答していました。その後、来てくださった大学の先生から指導助言をいただき、今後の研究に示唆をいただきました。最後に、沖縄であった「世界津波の日」高校生サミットに参加した生徒からの報告や、SGH甲子園2018への参加者紹介がありました。

 

2月8日 「スーパーグローバルハイスクール研究発表会」に向けての準備から

2月10日(土)文化創造館において、平成29年度「スーパーグローバルハイスクール研究発表会」を開催しますが、1・2年生の発表グループではよりわかりやすい発表ができるようにするため、プレゼン資料を基に説明をする練習を行っていました。

 

2月8日 第5回文化講座 校内演奏会から

放課後、文化創造館において、音楽分野の大学進学等を目指している生徒の校内演奏会がありました。演奏に私は聴き入ってしまいました。

 

2月8日 畝傍高校雪景色

うっすらと雪が積もっていました。生徒の登校風景です。

 

2月7日 「第11回声楽アンサンブルコンテスト全国大会」音楽部出場決定!  

午前7時50分ごろ、畝傍高校の東の空に彩雲(さいうん)が見られました。彩雲は太陽の近くを通った雲が、緑や赤に彩られる現象です。古くはこれが現れることは吉兆とされています。今朝、福島県で開催される「第11回声楽アンサンブルコンテスト全国大会」公募審査を畝傍高校音楽部が通過したとの吉報を受けました。3月23日の全国大会本番で、最高のパフォーマンスを発揮してほしいと思います。

 

2月6日 第2学年生徒対象に大学進学講演会を開催!

畝傍高校文化創造館において代々木ゼミナール教育総合研究所の山根主幹から、最近の高校教育改革、大学教育改革と、それらに伴う大学入試改革についての説明や、大学入試の基本的な事項、高校において学力アップを図る方法などご講演いただきました。ありがとうございました。

 

2月3日 「高校生のためのスポーツ栄養」講演会

「高校生のためのスポーツ栄養」~身体作りとコンディショニング~と題して、畝傍高校文化創造館において、立命館大学スポーツ健康科学部海老教授に講演をしていただきました。主に運動部活動の部員や保護者、教員など約280人を前に、身体作りや試合に力を発揮させるための管理など、食事面での基本的な考え方をわかりやすく教えてえいただきました。

 

2月3日 育友会主催進路講演会を開催しました!

1・2年生の保護者を対象に文化創造館で進路講演会が開催されました。ベネッセコーポレーションの森さんから、「第1志望現役合格にむけて」と題して、大学入試の基本的なことや今後の見通しと、保護者として子どもにどうかかわるかなどお話しいただきました。

 

2月2日 文化部発表会開催!

本校文化創造館で文化部発表会が開催され、吹奏楽部、ESS部、音楽部、演劇部、フォークソング部が日頃の成果を披露してくれました。

文化図書委員による総合司会と吹奏楽部発表のようす

ESS部発表のようす

音楽部発表のようす

演劇部発表のようす

フォークソング部発表のようす

 

1月31日 生徒会役員選挙立会演説会から

生徒会長立候補者3人と生徒会役員立候補者5人が、それぞれ生徒会運営を通して畝傍高校での高校生ライフを一層よくしたいと抱負を述べ、全生徒に自分への投票を呼びかけました。

 

1月31日 第4回文化講座が開催されました!

昨年「トビタテ!留学JAPAN」により、カナダのバンクーバーへ短期の留学をした経験談を話してもらいました。さまざまな方と今もつながっていて視野が広まったことなど、参加した生徒も興味津々でした。

 

1月31日 冬の風物詩から

今年の若草山の山焼きは予定通りの日程で執り行われました。まだまだ寒さは厳しい日が続きますが、山焼きが終わり、東大寺お水取りの便りが聞けるのももうすぐ。春がそこまでやってきています。1月28日(日)雪がちらついていましたが、畝傍高校の生徒の合格祈願を願って、京都市の北野天満宮まで行ってきました。早咲きの梅はいくらか咲いていました。授かった合格祈願のお札は早速進路指導室に掲げました。

 

1月18日 国連世界観光機関(UNWTO)の方に講演していただきました!

国際連合の関連機関であるUNWTOのアリアナさんに英語による講演を聴いた後、「持続可能な開発目標と観光」というテーマで生徒たちによるグループディスカッションを行いました。活発な意見交換ができたようです。

 

1月18日 新春小倉百人一首かるた大会表彰の様子から

朝のSHRの時間に優勝クラスに出向いて表彰状の授与を行いました。

 

1月17日 新春小倉百人一首かるた大会開催!

第1学年で新春小倉百人一首かるた大会を文化創造館にて開催しました。2年生の小倉百人一首かるた部の生徒が歌を詠むなど、進行をしてくれました。クラス対抗では1年6組が優勝しました。個人の優勝者は39点のダントツトップでした。

 

1月16日 レントゲン写真のような雲

何の骨に見えますか?この雲は巻雲(けんうん)と呼ばれ、絹雲と書かれることもあります。俗称ですじ雲などとも呼ばれます。この雲はほぼすべて氷晶からできており、氷晶の大きさが小さいため雲はあまり濃くありません。温暖前線や熱帯低気圧が接近してくるとき最初にあらわれるのが巻雲です。そのため巻雲が空一面に広がると雨が近いといった言い伝えが知られています。

 

1月16日 受験勉強真っ最中!

大学入試センター試験を終え、私学入試や国公立2次試験のための受験勉強に集中していました。

 

1月13日 畝傍高校音楽部が「かしはら合唱祭」に出演しました!

本校音楽部が、奈良県立橿原文化会館において開催されました「かしはら合唱祭」に招待グループの一つで出演しました。この日は、大学入試センター試験があり、3年生や卒業生が取り組みました。生徒を激励するために、寒さの厳しい日でしたが私は天理大学会場に行ってきました。

 

1月11日 歴史部生徒が校長室奉安庫を見学しました!

戦前には、どの学校にも教育勅語や天皇陛下御真影を収める奉安庫や奉安殿があったそうですが、それらは戦後取り壊され残っている学校は全国的にも数少なくなってきています。国の登録有形文化財に指定されている、畝傍高校本館校舎は昭和8年に完成した建物で、奉安庫が校長室に残っています。このほど、畝傍高校歴史部の生徒が奉安庫の見学に来てくれました。奉安庫の前で私も入って記念撮影をしました。

 

1月11日 JICAによる国際貢献活動報告 協力隊体験談 ~Life in Uganda~

以前JICA(国際協力機構)の協力隊員としてアフリカのウガンダで国際貢献活動経験をされていた、現在、大阪府立大学の博士課程在学中の鰐淵さんを招いて講演をしていただきました。SGHアドバンストコースの生徒など、約30名が参加しました。

 

1月11日 寒波到来!

畝傍高校の校庭がうっすら雪化粧となりました。運動場には不思議な幾何学模様が浮き出ていました。これは運動場に埋設されている暗きょ(排水施設)部分の温度が低くなり降った雪がとけないで白く残るために見られるものです。道路でも橋の上が温度が低くなって凍り付いたり雪が積もりやすいのと同じことです。山間部では積雪がかなりあって、登校に支障が出ている地域もあります。週末には大学入試センター試験がありますが、受験生は体調管理と合わせて、荒天時の受験会場へのアクセス等も想定しつつ準備してほしいと思います。

 

1月10日 第3学年学年集会激励会から「解けない問題はレモン」!

校長室に残る秘密の扉、奉安庫の前にて大学合格祈願をしているレモンです。3年生の皆さん、レモンの香りでリフレッシュしてください。「解けない問題はレモン」のなぞかけは、解けない問題は0問→解けない問題はない→すべての問題が解けるということです。最後の最後まで自分を信じてやり抜いてください。 

 

 

1月9日 第3学期始業式から

表彰伝達のあと、始業式を執り行いました。第3学期が始まり校内に活気が戻りました。

 

平成30年1月4日 新年あけましておめでとうございます。

仕事始めの日、いくつかの部活動が始動していました。

 

 

12月28日 橿原高校・畝傍高校ジョイントコンサート開催!

畝傍高校文化創造館において、両校のジョイントコンサートを開催しました。畝傍高校のフォークソング部が企画・進行等を行い初めての試みとして実施しました。両校の生徒が切磋琢磨するよい機会になったようです。

 

12月28日 SGHエンパワーメントプログラム最終日から

12月24日からの5日間があっという間に終わりました。生徒1人1人が、このプログラムに参加して感じた素直な気持ちや考えた自分の目指すべき夢について、英語でりっぱに語ってくれました。ある生徒は俳優になる夢を語り、時代劇の殺陣(たて)シーンを見せてくれました。生徒はこの5日間のお互いの取組を讃え合い、清々しい気持ちと充実感をいっぱい感じたと思います。指導いただいたスタッフの皆様に感謝申し上げます。

 

冬休み中の部活動から

厳しい寒波の影響で寒い中、体育部、文化部ともに部活動の練習に打ち込んでいます。この直向きさが力となって花開くのだと思います。

 

12月26日 トレーニング機器を更新!

昨年度、畝傍高校創立120周年を迎え、同窓会「金鵄会」によって筋力トレーニング機器を新しくしてくださることが決まり、このほど、新しい機器が入りました。まだ、全部が入った訳ではありませんが、生徒たちがこれらの機器を最大限活用し、体作りに役立ててほしいと思います。同窓会の皆様、本当にありがとうございました。

 

12月24日 SGHエンパワーメントプロクラムが今日から5日間でスタートしました!

エンパワーメントプロクラムが畝傍高校において、今日から5日間の日程で始まりました。冒頭に校長あいさつを懲りずに英語で行いました。参加希望生徒35人が6グループに分かれ、1日約5時間、英語シャワーにどっぷりつかる5日間となります。各グループに1人ずつ来てくださった留学生が入り、ファシリテーターより、テンポよくプログラムがスタートしました。

 

12月23日 「かたちのないおくりもの2017」で音楽部が演奏しました!

かしはら万葉ホールにおいてクリスマスコンサートが開催され、本校音楽部の歌声を多くの方々へ届けることができました。また、音楽部はインドネシアの民族楽器アンクルンを使って演奏するcon brio(コンブリオ)とのコラボにも出演し、竹の楽器アンクルンの心地よい音色と合唱の繊細な歌声とが、絶妙のハーモニーとなってすばらしい演奏を聴かせてくれました。con brioの皆さんよい機会をいただきありがとうございました。

 

12月23日 吹奏楽部クリスマスコンサートから

文化創造館において吹奏楽部クリスマスコンサートがありました。聴きに来てくださった多くの皆様に御礼申し上げます。

 

12月22日 第2学期終業式を迎えました。生徒会がイルミネーションを制作!

第2学期終業式を迎えました。生徒が一堂に会するのは久々です。

畝傍高校の正門横にクリスマスツリーなどのイルミネーションを生徒会でつくってくれました。

 

12月19日 シンガポールの南洋工科大学学生が来校!

シンガポールの南洋工科大学の大学生12人が畝傍高校を訪問してくださいました。茶道を通して、本校の茶道部の生徒との交流を行いました。その後、本校のアドバンストコース生徒との交流を行いました。いろはかるたではたいへん盛り上がりました。

 

12月13日 イチョウの木にクスノキが生えていました!

 

12月13日 生徒による通学路清掃がありました!

第2学期期末考査を終え、有志生徒による通学路のゴミ拾いなど、清掃を行いました。

 

11月27日 文化創造館横にあるもみじが紅葉真っ盛りでした!

 

11月20日 茶がゆ研究第二弾!

「茶がゆを食す会」の飯田むつみさんに畝傍高校へ来ていただき、茶がゆに関する興味深い話と作り方の実演をしていただきました。飯田さんは、奈良の伝統食「茶がゆ」をもっと手軽に食べてほしい、もっと知ってほしい、普段の茶がゆを次の世代にも伝えていきたいとの思いから『茶がゆを食す会』を数年前から開催されているそうです。飯田さんは、東大寺の塔頭にお生まれになり、毎朝 茶がゆを食べ親しんでこられたそうです。

 

11月20日 第1学年英語スピーチ発表会を開催しました!

第1学年全員を前にして、各学級から選ばれた生徒が自分の体験や自分の夢など英語で語ってくれました。その発表に対する講評を5人の者がしましたが、私だけが英語専門ではなかったのですが、勇気を出してへたな英語でやってしまいました。

 

11月19日 畝傍高校音楽部が国文祭・障文祭イベント「まほろばあいのわコンサート」に出演しました!

奈良県橿原文化会館大ホールにて行われた「まほろば あいのわ コンサート」のスペシャルゲストとして畝傍高校音楽部が出演しました。マリンバ奏者松本真理子さんを筆頭に、出演者全員が真っ赤なTシャツを着て、歌い、ダンスをし、全身で音を出し、客席も巻き込んだ、たいへんパワフルなステージに感動しました。また、NHK Eテレ「フックブッククロー ミニ」けっさくくん役の谷本賢一郎さんと畝傍高校音楽部とのコラボで演奏した「なまえ」という曲にこころが揺さぶられました。

 

11月19日 畝傍高校吹奏楽部「秋色コンサート2017」を開催!

畝傍高校文化創造館において、吹奏楽部の「秋色コンサート2017」を開催しました。高校のお近くにお住まいの方や保護者の方ど、約500人の方々に来ていただきありがとうございました。12月23日(土・祝)午後2時から、畝傍高校文化創造館において「クリスマスコンサート」を開催します。入場無料です。多数の方のお越しをお待ち申し上げます。

 

11月17日 畝傍高校創立120周年記念碑の拓本をとりに来られる!

昨年度、本校の創立120周年記念で建立してくださった記念碑の拓本をとりに、かぎろひ拓本会の南部会長が来てくださいました。相当な時間をかけ、ていねいかつ緻密に拓本をとっておられました。今日は朝方だいぶ冷え込みましたが、昼間は小春日和の心地よいお天気となりそうです。

 

11月8日 第3学年を対象に「年金セミナー」の講演会を開催!

 日本年金機構から来ていただき、「知っておきたい年金のはなし」と題して講演をしていただきました。

 

 

11月7・8日 フォークソング部ハロウィンコンサートから

放課後、文化創造館において、部の恒例となっているハロウィーンコンサートかありました。どのグループも仮装に懲り日ごろの練習の成果を出して演奏に没頭していました。

 

11月6日 茶がゆ研究第一弾!

本年度、家庭クラブの取組として、大和の伝統食「茶がゆ」の研究をしてきました。畝高祭でも茶がゆの試食を提供したところです。本日は、畝傍高校の英語の先生でおいでになった今西道子先生に学校へ来ていただき、茶がゆの作り方など教えていただきました。

 

11月5日 本校演劇部県大会で最優秀賞を受賞しました!

奈良市のならまちセンターにおいて開催された、演劇の県大会があり最優秀賞を受賞しました。地区予選と比べると、場面転換の切れなどうまくできていたなと感じました。

 

11月3日 同窓会「金鵄会」総会が開催されました!

本校文化創造館で、金鵄会総会が開催されました。総会終了後本校の音楽部と吹奏楽部の演奏がありました。

 

11月1日 全普高第67回総会・研究協議会奈良大会アトラクションから

11月1日、奈良県文化会館国際ホールで開催されました、全国普通科高等学校長会第67回総会・研究協議会奈良大会のアトラクションに畝傍高等学校音楽部の合唱を披露させていただきました。よい機会を与えていただきありがとうございます。

 

10月31日 国文祭・障文祭「まほろば あいのわ コンサート」の打ち合わせから!

11月19日(日)午後2時開演で、奈良県橿原文化会館大ホールにて行われる「まほろば あいのわ コンサート」の打ち合わせのため、音楽指導・監督のマリンバ奏者松本真理子さんと、NHK Eテレ「フックブッククロー ミニ」けっさくくん役の谷本賢一郎さんが畝傍高校に来てくださいました。コンサートでは音楽部がスペシャルステージゲストとして出演します。「まほろば あいのわ コンサート」は、障害のある人とない人が音楽を通じて、ともに楽しみ、理解を深め、絆を強め、みんなでつくりあげるコンサートととして開催されます。

 

10月28日 第70回全日本合唱コンクール全国大会高校A部門で金賞受賞!

大阪のフェスティバルホールで開催されました、「第70回全日本合唱コンクール全国大会」高校A部門において、本校音楽部が初の金賞を受賞しました。高校A部門には全国から13校の演奏があり、畝傍高校の演奏は最後の13番目に行いました。演奏順に結果発表が行われ、畝傍高校が「ゴールド、金賞」と発表された瞬間、生徒たちは歓喜に沸きました。応援してくださった多くの皆様方に御礼申し上げます。

 

10月25日 音楽部全日本合唱コンクール全国大会出場壮行会から

午前6時の時点で大雨警報が奈良県北部の一部の地域に発令されていたことから、当初生徒は自宅待機となりましたが、午前8時35分に警報が解除され、3時間目の授業から平常通り実施することができました。また、音楽部が10月28日(土)に大阪フェスティバルホールにて全日本合唱コンクール全国大会に出場することから、6限目授業終了後に全生徒による壮行会が文化創造館でありました。音楽部が演奏を披露してくれました。生徒会からは、核廃絶署名の呼びかけと、スマホリデイの呼びかけがありました。生徒1人1人が自分の責任と判断で対応してほしいと思います。

 

10月23日 台風21号の影響により臨時休業となりました。

昨日の3年生模擬試験と、本日の授業は、台風21号の影響により取りやめとなりました。公共交通機関の運行にも支障が出ていることもあり心配しています。午後からは青空が広がり、日差しもありましたが、午後4時時点で橿原市には未だ大雨警報(土砂災害)が発令されています。(23日午後11時47分に県内発令中の警報はすべて解除)

 

10月21日 今日も雨の一日でした!

秋雨前線の影響でこの1週間は雨が降る日が続きました。また、台風接近のため気象警報が発令され授業への影響も心配されます。

 

10月21日 早稲田大学真辺教授の講演会開催!

第1学年の学校設定科目「現代のあゆみ」の授業で、この日早稲田大学から文学学術院教授の真辺将之先生に「歴史を学ぶということ」という演題で講演をしていただきました。真辺教授の専門分野は「近現代史」とのことで、先生がたまたま畝傍高校の校訓「至誠・至善・堅忍・力行」の額に「日下部東作」氏の名を見つけられ、これは明治時代の超有名な書家のものとの解説から講演を始められました。

 

10月20日 第1学年校外学習に行きました!

昨日、1・3年生は2学期中間考査を終えました。1年生は各学級ごとにバスに乗って校外学習に出かけていきました。2年生が研修旅行中で不在なので、学校にいるのは3年生だけです。昼休みに下学年の空いた校舎で「だるまさんがころんだ」を楽しんでいた生徒たちもいました。ストレス発散でしょうか?

 

10月17日 第2学年研修旅行に出発!

昨日は、海外研修A班と国内研修の生徒が出発しました。今日は海外研修B班が無事出発しました。詳しくはトップページの第2学年研修旅行をご覧ください。

 

10月14日 第2学年研修旅行結団式から

週明けに出発する研修旅行に備えて結団式を行いました。

 

10月13日~16日 オーストラリア・バイロンベイ高校から来校!

オーストラリア東端に位置するバイロンベイ高校から、校長先生、スタッフ1名、生徒10名が畝傍高校を訪問されました。この間、畝傍高校でのプログラムの他、1・2年生のお宅にホームステイをして交流を深めました。両校の生徒にとって大変有意義な機会となりました。バイロンベイ高校から畝傍高校へ来られるのは今回で2回目です。畝傍高校からバイロンベイ高校へはすでに2回訪問させていただいています。来年3月には、本校アドバンストコースの生徒が訪問させていただく予定です。よろしくお願いします。

 

10月7日 なら・いけばなフェスティバルに出展!

10月7日~9日の日程で、奈良県文化会館、東大寺を会場として、「なら・いけばなフェスティバル」が開催され、畝傍高校華道部生徒による作品も出展しました。

 

10月5日 育友会文化ハイキングに参加しました!

育友会文化部が計画してくださいました文化ハイキングで、生きているミュージアム「ニフレル」とその近隣の工場見学に同行させていただきました。

 

10月1日 秋期近畿地区高等学校野球大会奈良県予選 準々決勝で惜敗!

佐藤薬品スタジアムで行われた法隆寺国際高校との試合は、2対0で負けました。両チームともノーエラーでヒット7本でしたが、勝利の女神は畝傍高校に微笑んでくれませんでした。応援に来てくださいました多くの方々にいい報告ができず、生徒はこの悔しさをバネにがんばってくれるものと信じています。応援ありがとうございました。

 

10月1日 弓道部 中高交流大会で3位入賞!

中学生、高校生が参加して共に競う団体戦の大会で、男子弓道部のチームが3位に入賞しました。

 

9月27日 1・2年生校内球技大会開催!

1・2年生校内球技大会を体育委員による実行委員会が大会運営など主になって開催してくれました。心配された天気も、閉会式まで雨には降られず無事終了できました。

試合結果 1年男子 優勝1年9組、第2位1年6組、第3位1年8組

     1年女子 優勝1年3組、第2位1年8組、第3位1年9組

     2年男子 優勝2年3組、第2位2年4組、第3位2年6組

     2年女子 優勝2年2組、第2位2年1組、第3位2年7組

 

9月25日 Food with Friendsを開催!

3人のALT(英語)の先生の呼びかけで、第1回「Food with Friend」を本校視聴覚室で開催しました。昼休みに英語に興味のある生徒がお弁当持参で視聴覚室に集まり、英語で意見交換をしました。私も少しだけ参加しました。

 

9月25日 受験勉強ストレス発散!

3年生の生徒が日ごろの受験勉強?のストレスを発散すべく、昼休みの短い時間帯にサッカーを楽しんでいました。寸暇を惜しんで・・・。

 

9月24日 奈良県高等学校演劇発表会A地区大会にて畝高演劇部熱演!

第42回奈良県高等学校演劇発表会A地区大会が、川西文化会館コスモスホールにて開催されました。A地区大会には県内7校が上演し、畝高演劇部は演目「城跡に咲くは真夏の夢見草」を熱演しました。7校の内、審査の結果、畝傍高校が選ばれ県大会に出演できることになりました。県大会は、11月5日(日)奈良市ならまちセンターにおいて開催されます。畝傍高校の上演は15時30分~16時30分の予定です。応援よろしくお願いします。

 

9月24日 秋期近畿地区高等学校野球大会奈良県予選 3回戦に勝利!

佐藤薬品スタジアムで行われた西和清陵高校との試合は、8対1で勝ちました。次の試合は、同スタジアムにて10月1日(日)12:20試合開始の予定です。対戦相手は法隆寺国際高校です。応援よろしくお願いします。

 

9月23日 畝高音楽部 全日本合唱コンクール全国大会出場が決まる!

関西合唱コンクール中学・高等学校の部が、西宮市にある兵庫県立芸術文化センターで開催され、畝傍高校音楽部が見事、金賞を受賞し3年連続の全国大会の出場が決まりました。その上、畝傍高校がこの日の中学・高等学校の中でもっとも優秀な学校にも選ばれました。本当に感動をありがとう。

 

9月23日 畝高サッカー部 2部へ昇格!

畝傍高校で行われた奈良県サッカー協会主催のNFA3部リーグ上位戦において、畝傍高校がディアブロッサ高田2ndと対戦し、5対1で勝ちました。他会場の試合結果も確定し、畝高サッカー部が3部リーグから2部リーグへ昇格することになりました。おめでとう。

 

9月18日 秋期近畿地区高等学校野球大会奈良県予選 初戦に勝利! 

台風18号の影響で開催日が変更となり、9月18日のナラッキー郡山球場で行われた磯城野高校との対戦を応援しに行きました。5対3で勝ちました。次の試合は、佐藤薬品スタジアムにて9月24日13:10試合開始の予定です。対戦相手は西和清陵高校です。応援よろしくお願いします。

 

9月16日 中学生・保護者対象の学校説明会を開催しました!

雨模様の天候の中、たくさんの中学生・保護者の方々が学校説明会に参加してくださりありがとうございました。参加希望が多数となることが予測されましたので、居住地により参加いただく時間を分けて、2部構成で実施させていただきました。下の写真は文化創造館での説明会の様子です。

 

9月14日 第3回校内ビブリオバトル開催!

本日、図書室において第3回校内ビブリオバトルを開催しました。本校生徒2人と、教育実習生(大学生)3人が参加してくれ、それぞれ本の紹介をしました。聞き手の1・2年図書委員が、読みたいと思った本に投票しチャンプ本が決まりました。今回は、その本を読むのを中断するぐらいすごい本という紹介をした生徒が優勝しました。

 

9月13日 校舎と真っ赤な夕焼け!

日没時刻もどんどん早まり、部活動をしていた生徒が下校するころ、西の空が真っ赤に染まりました。

 

9月13日 「先輩の話を聞く会」を開催しました!

第1学年は文化創造館で、第2学年は進路希望分野別に各教室で、現在、大学に通っている卒業生の皆さんから話を聞くことができました。一方的に話を聞くのではなく、あらかじめ聞きたいポイントごとに話してもらい、随時質疑応答を入れ、「類型選択に当たって大切にしたことは何か」とか、「受験勉強をどのように進めたか」など、生徒は貴重な話を聞くことができたと思います。中には、高校時代の失敗談や、大学を休学して世界一周の旅に出た話など、卒業生は後輩に少しでも役に立てればと、リアルな話をしてくれたと思います。ありがとうございました。

 

9月12日 大雨警報等発令され、臨時休校としました。

9月12日(火)午前9時ごろの学校の様子です。県内各所で記録的な集中豪雨が観測され、本校のグランドが湖になりました。校舎本館は湖畔にそびえる古城のようでもありました。

 

9月11日 高大連携で早稲田大学の先生にきていただきました!

早稲田大学文化構想学部の准教授伊川先生に来ていただき、講義「じつは複雑な鉄砲伝来の話」をしていただきました。聴講希望の約25人の生徒が集まり、興味深い話に聴き入っていました。

 

9月10日 プロ野球ウエスタンリーグ「オリックス対カープ」開会式で音楽部が国歌斉唱!

 

9月2日、3日 畝高祭本番!

本校の文化祭である「畝高祭」が開催されました。本年度のテーマは「こちら うねび放送局、みんなの夢をとどけます。」です。文化創造館での各発表は、放送局による収録会場という設定で生徒会が企画し、司会進行してくれました。文化創造館でのオープニングに始まり、3年生の食品模擬店、2年生の舞台発表、1年生の展示・教室イベントや、有志による発表など、生徒ひとりひとりがそれぞれの役割を果たし、完全燃焼の2日間となりました。また、育友会主催のバザーで物品の提供をしていただきました保護者の皆様、また、準備、販売をしてくださった育友会の皆様ありがとうございました。

私は書道部の書道パフォーマンスに参加させてもらったり、オープニングに会場をスタートして、この2日間マラソンに挑み、完走してエンディングの会場にてゴールテープを切って会場を感動の渦に巻き込むという設定で登場させてもらったりと、大変楽しませていただきました。

  

9月1日 畝高祭準備中!

学校正門のアーチを作成しています。模擬店関係のテントの準備や舞台発表関係の最終の合わせ、教室展示など、校内各所で畝高祭に向け生徒が力を合わせて取り組んでいます。文化創造館では、専門の方が音響、照明のセッティングをしてくださっていました。

 

9月1日 第2学期始まる!

第2学期がスタートしました。明日、明後日の2日間は文化祭「畝高祭」です。学級によっては夏休み中に登校して畝高祭準備に取り組んでいたところもありました。

今日は、夏休み期間中にその取組を表彰された部活動等の紹介と表彰状伝達を行った後、全国規模の大会出場が決まった部員の壮行会がありました。その後、始業式で私からは、「情報過多社会をいかに生きるか」という話をしました。クリティカルシンキングすることの大切さや、「フェイクニュースの見分け方」という本の紹介などを行いました。物事や情報を無批判に受け入れるのではなく、多様な角度から検討し、論理的・客観的に理解することを日頃から意識しておくことの重要性について訴えました。

 

8月28日 特別支援学校と病院を結ぶ「奈良県立医科大学附属病院アート展」で音楽部コラボ!

アート展の開会式アトラクションで、奈良県立高等養護学校高円分教室の生徒と畝傍高校音楽部の生徒がコラボし、一緒に「世界に一つだけの花」を振りをつけて合唱しました。この日のために両校の生徒は事前に一緒に練習をするなど、全員がこころのこもったすばらしい歌声を附属病院に響かせてくれました。

 

8月28日 全校登校日から

全校登校日で生徒が登校し、学校が一気に活気付いていました。各学級では畝高祭に向けて最後の打ち合わせや準備に取り組んでいました。この日、第1学年は奈良県赤十字血液センター高橋所長を招いて献血の重要性についてご講演をいただきました。

 

8月25日 第5回高校生ビジネスプラン・グランプリ応募を目指して

日本政策金融公庫主催の高校生ビジネス・グランプリ応募に興味をもった生徒向けに、出前授業として公庫から職員の方が来てくださり、ビジネスプランの作成方法など講義を受けました。

 

8月24日 愛宕祭りから

畝傍高校の近くで地元の夏祭り「愛宕祭り」がありました。金魚すくい、たこ焼きなど、さまざまなお店が出て、いつもは閑静な街並みですが、お祭りを楽しむ人で混み合っていました。橿原市が管理している「札の辻交流館」は、伊勢街道と下つ道との交差点にある旅籠(はたご)で、畝傍高校のフォークソング部がアコースティックライブを、書道部と美術部は作品を展示させていただきました。来てくださった方々ありがとうございました。

 

8月24日 茶がゆ研究中!

畝傍高校の家庭クラブでは、大和地方の伝統食「茶がゆ」を研究しています。この日は、畝高祭で出す「茶がゆ」の付け合わせの試食を行い、何がもっとも適しているかみんなで食べながら検討しました。小鉢にはさまざまな付け合わせが入っています。結果は乞うご期待。

 

8月23日 チョウゲンボウ発見!?

夏休みも残すところ約1週間、8月22日から後半夏期講習がスタートし、多くの生徒が登校して学習に取り組んでいます。

登校してくる生徒を出迎えていた朝、運動場のフェンスに聞き慣れない鳴き声の鳥がいたので観察し撮影しました。ハヤブサのなかまであるチョウゲンボウではないかと思います。チョウゲンボウはハヤブサ目ハヤブサ科に属し、ハト大でスマート、長い尾、全長:33~38cm 翼開長69~76cm、本州の崖、ビルや橋の隙間で繁殖し、冬は雪の少ない地域の河川、草地、農耕地などで見られ、急降下してネズミ、小鳥、虫などを捕えるそうです。このときもアブラゼミを追って空中でキャッチし、捕食している姿が写真のように観察できました。翼を半開きした姿は畝傍高校の校章とよく似ていました。

 

8月14日 盛夏

立秋も過ぎ、暦の上では秋となりましたが、まだまだ今夏の暑さは厳しいものです。部活動では、生徒はこの暑さにも負けず練習に励んでいます。熱中症にはくれぐれも注意してほしいと思います。体に負荷をかけ忍耐力を養うことと同じぐらい、自分の体調管理ができるようになることも大切です。また、無理したときに休憩をとること、SOSを発することは恥ずかしいことではありません。

校内ではありませんが、夏を象徴するヒマワリの花がきれいに咲いていました。

 

8月10日 Nコン奈良県大会高等学校の部で畝音が金賞受賞! 

大和高田市文化会館さざんかホールで、NHK奈良放送局、全日本音楽教育研究会主催の第84回全国学校音楽コンクール奈良県大会がありました。課題曲「君が君に歌う歌」、自由曲「ふるさとの夜に寄す」を部員全員がこころ一つにして歌ってくれました。金賞受賞おめでとう。

金賞受賞の畝傍高校は、9月3日(日)にNHK大阪ホールにおいて開催される近畿ブロックコンクールに出場します。応援よろしくお願いします。

 

8月8日 奈良県吹奏楽コンクール高等学校Aの部で畝吹が金賞受賞!

奈良県橿原文化会館の大ホールで、奈良県吹奏楽連盟主催の第59回奈良県吹奏楽コンクールがありました。聴きに駆けつけたところ、ちょっとゾクッとするようないい演奏だと思いました。金賞受賞おめでとう。

後日、吹奏楽部の部員が金賞の大きなトロフィーを持ってわざわざ受賞の報告に来てくれました。吹奏楽部は部員も多く大所帯で、よりよい演奏を目指してコンクール前にはさまざまに無理をしてきたことと思います。お連れ様でした。

 

7月29日 第2回未来創造会議を開催しました!

スーパーグローバルハイスクール(SGH)のメインイベントの一つである「未来創造会議」を畝傍高校文化創造館において開催しました。発表は第3学年のアドバンストコースの生徒3グループがこれまでの取組のまとめとして行い、奈良先端科学技術大学大学院へ留学で来られている外国人留学生の方々の協力を得て、ディスカッションをオールイングリッシュでしました。また、いくつかの発表はポスターセッションという形で発表してくれました。探究的な活動を進めるに当たってフィールドワークや情報収集など、さまざまに大変な面もあったかと思いますが、真摯に生徒が取り組んできたことに敬意を表します。

今後の取組のイメージを描くために、第2学年の生徒全員が出席しました。この日は、文部科学省国際教育課、奈良県教育委員会学校教育課をはじめ、指導助言をいただく方々、神戸大学留学生など多くの方が参加してくださいました。また、他の高校の先生や保護者の方々も多数参加してくださいました。お忙しい中、参加してくださった方々に御礼申し上げます。

7月24日 畝高祭模擬店メニューを試作中!

畝傍高校では、3年生が食品販売の模擬店を出店します。各クラスで販売するメニューの試作に取り組みました。

 

7月21日 夏期休業が始まりました。セミ大合唱中!

夏休みが始まり、畝傍高校の中庭では朝からクマゼミが大合唱中です。私が小学生だったころは羽根が茶色いアブラゼミか、灰色のニイニイゼミしかいなかったものですが、最近はアブラゼミをほとんど見かけなくなりました。夏の気温が上昇したため、生息する種類がここ30~40年間で入れ替わったのではないかと思います。

生徒にとっては長い夏休みが始まりましたが、夏休み期間中に学校で開催している講習会に多くの生徒が参加し学習に励んでいます。エアコンの効いた進路指導室や図書室では、3年生が大学受験勉強に黙々と取り組んでいます。

 

7月21日 白球を追え!

野球グランドの内野に黒土を入れてもらいました。白球を追って練習を重ね、ファインプレーを見せてほしいと思います。

 

7月20日 賞状伝達及び壮行会から

部活動等、生徒の表彰されたさまざまな活動を全校生徒に披露し、賞状伝達を行いました。また、全国大会や近畿大会など、これから出場する生徒を激励するために壮行会を開催しました。私と生徒会長からエールを送りました。出場生徒の代表が、みんなからいただいた激励に対する感謝の気持ちを述べてくれました。

 

7月20日 第1学期終業式から

第1学期を終えることができました。校長あいさつとして、7月18日に105歳でなくなられました聖路加病院名誉院長の日野原重明さんのことをお話しました。特に、日野原さんがそのミュージカル上演に力を注がれた、絵本「葉っぱのフレディ」の朗読を聴いて、生徒ひとりひとりにとって何か立ち止まって感じ、考える機会としました。

 

7月20日 畝高祭準備が始まりました!

終業式終了後、第1学年のある学級が運動場に集まって畝高祭準備に取り組んでいました。

 

7月20日 小倉百人一首かるた部の活動がNHK奈良放送局の生放送でオンエアー!

畝傍高校小倉百人一首かるた部は、このほど県予選で優勝し、7月21日から「ちはやふる」で一躍有名になった滋賀県近江神宮を会場にして開催される第39回全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会に出場します。この日午後6時30分放送のNHK奈良放送局の番組「ならナビ」で、畝傍高校小倉百人一首かるた部の練習のようすが生放送でオンエアーされました。この写真は番組取材のようすを撮影したものです。