奈良県立畝傍高等学校のホームページへようこそ!

学校長写真

平成29年4月
奈良県立畝傍高等学校
学校長 浅田 重義 

 本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
   本校は、明治29年、奈良県尋常中学校畝傍分校として開校され、昨年創立120年を迎えた、歴史と伝統のある高等学校であり、「至誠 至善 堅忍 力行」の校訓の下、各界に有為の人材を多数輩出してきました。卒業生や地域の方からも畝高(うねこう)として親しまれています。
また、昭和8年完成の本館は、平成24年、文化庁により登録有形文化財に登録され、昭和初期を代表する歴史的建造物で、教職員はじめ生徒は、日々重厚な学舎を大切にしています。
平成26年度より文部科学省からスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受け、世界を舞台に活躍できる創造的で活力のある生徒の育成を本校教育の一つの大きな柱とし、歴史と伝統を受け継ぎつつ新たな一歩を踏み出しています。

 さて、4月11日の入学式には、全日制課程400名、定時制課程21名を迎え、本年度がスタートしました。入学式では、三つの話をしました。      
一つ目は、「高い志と大きい夢を持ち、その実現にチャレンジしてほしいこと」です。
自分の将来をしっかり見つめ、高い志と大きな夢の実現に向け、計画し、実行してほしいと思います。常にチャレンジする姿勢をもってほしいと思います。
二つ目は、「出会いを大切にしてほしいということ」です。
新たな友や先輩と出会いました。部活動や学校行事を通して、共にスポーツや芸術に熱中するとともに、人生や悩みを語りあえる、かけがえのない友を得てほしいと思います。誰もが、勉強のこと、部活動のこと、人間関係のことなど、壁にぶつかり、悩み、もがくこともあります。そんなときこそ、お互い支え合って、困難なハードルを乗り越えてほしいと思います。

三つ目は、校訓の「至誠、至善、堅忍、力行」についてです。
校訓の意味として、「至誠・至善とは、心の誠実さ、人としての善良さを、何物にもまして大切にしようとすること。また、堅忍・力行とは、目標が達成されることを信じて、粘り強く努力し続けること。」と解釈されます。時代を超えて今もなお脈々と受け継がれ、本校卒業生の心の糧となっているもので、在校生においても日々の学校生活の拠り所としてほしいと思います。

 本校は、今年度121年目を迎え、SGHの取組など、新たな歴史を刻み始めています。「進化する伝統」の具現化に今後とも皆様のご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

 

 

平成29年度全日制課程入学式校長式辞

                                   平成29年4月11日

                                    校長 浅田重義 

Good morning, everyone.

Welcome to Unebi senior high school.

I am principal of Unebi senior high school.

My name is SHIGEYOSHI ASADA.

I really want to say thank you very much for joining us today.  Today is a special day for our school, because we have the opening ceremony.

This school has been one of Super Global High Schools of the Ministry of Education for three years.

I believe that this Super Global High School program will be helpful for our students after graduating from high school, going into university and entering society.

Now I will make a speech for you in Japanese.

 校庭の銀杏も一斉に芽吹き、その生命力の力強さが感じられる今日の佳き日、育友会から「齋藤様、大谷様」、高校第二十二回卒業生代表の「土谷様」を始め、多数のご来賓並びに、保護者各位のご臨席を賜り、平成二十九年度奈良県立畝傍高等学校入学式を挙行できますことは、私どもにとりまして、この上ない喜びです。心から厚く御礼申し上げます。

 ただ今、入学を許可いたしました四百名の新入生の皆さん、入学おめでとうございます。
 本校は、明治二十九年に設置され、昨年度、創立百二十周年の節目を迎えた、歴史と伝統のある高等学校であり、三万八千余名の卒業生が、社会の各方面で顕著な活躍をされています。また、文部科学省の指定を受け、スーパーグローバルハイスクールとして四年目を迎え、「使命感・実行力をもつリーダーの育成」を目指し、取り組んでいるところです。
 このような本校にあこがれ、厳しい入学試験を見事突破し、本日の入学式に臨まれた新入生の皆さんは、喜びとともに、期待と不安でいっぱいであろうと思います。今日のこの感激をよき出発点として、一人一人が充実した高校生活を築いてくれるよう期待する次第です。
 また、皆さんがこの日を迎えることができたのは、皆さんの努力とともに、ご家族による物心両面での支援があったからです。自分を支えてくれている方々への感謝の気持ちを常に持ち続けてほしいと思います。

 さて、入学に当たり、皆さんに三つのことをお話ししたいと思います。
 一つ目は、「高い志と大きな夢を持ちその実現に向けチャレンジしてほしいということ」です。昨年はイギリスのEU離脱、アメリカの大統領選挙など、マスコミの予測結果とは異なる結果に驚きの連続でした。今も国際情勢がリアルタイムで目まぐるしく変化しています。
 一方、私たちの身近な生活に目を向けると、「AI人工知能」「IoT、モノのインターネット化」が進歩し、われわれの社会に大きな影響をもたらしています。今まで人がやっていた仕事がこの技術を使ってロボットや人工知能にとって代わられることもあります。皆さんには、このように変化の激しい社会を力強く生き抜く力を身に付けるために、高校時代に何事に対しても臆することなくチャレンジしてほしいと思います。

 二つ目は、「出会いを大切にしてほしいということ」です。
 皆さんは、今日、新たな友と出会いました。高校時代は生涯にわたるよき友を得る絶好の機会です。部活動や学校行事を通して、共にスポーツや芸術に熱中するとともに、人生や悩みを語りあえる、かけがえのない友を得てほしいと思います。誰もが、勉強のこと、部活動のこと、人間関係のことなど、壁にぶつかり、悩み、もがくこともあるでしょう。そんなときこそ、お互い支え合って、困難なハードルを乗り越えてほしいと思います。そして、「元気なあいさつ笑顔いっぱいの学校」を共に創っていきましょう。

 三つ目は、校訓の「至誠、至善、堅忍、力行」についてです。
 この校訓は、明治三十九年五月五日、学校創立十周年の記念式典で当時の校長から宣言されたものです。校訓の意味として、「至誠至善とは、心の誠実さ、人としての善良さを、何物にもまして大切にしようとすること。また、堅忍力行とは、目標が達成されることを信じて、粘り強く努力し続けること。」と私は解釈しています。
 この校訓は、時代を超えて今もなお脈々と受け継がれ、本校卒業生の心の糧となっているもので、在校生においても日々の学校生活の拠り所としてほしいと思います。

 終わりになりましたが、保護者の皆様、本日は誠におめでとうございます。この機会に、一言お願いを申し上げます。
 人生の中でも多感な高校時代は、一定、親から自立し、さまざまなことで心のゆれ幅が大きくなる時期であります。お子様に関わって、何か心配ごとなどおありのときは、遠慮せずに担任教員などにご相談ください。皆様方と学校が緊密に連携することで、お子様の健やかな成長が図れるものと考えています。いずれにせよ、「畝傍高校に入学して良かった。」と言っていただけるよう、教職員一同、全力で指導に当たる覚悟でございます。
 保護者の皆様方には、本校教育の推進に対しまして、一層のご理解ご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げまして式辞といたします。

 平成二十九年四月十一日
 奈良県立畝傍高等学校長
     浅 田 重 義