奈良県立畝傍高等学校のホームページへようこそ!

                                                                             

                                                                              令和3年
                                                                  奈良県立畝傍高等学校
                                                                    学校長 大西 英人

                                     

   本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
 本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
本校は、大和三山に囲まれた畝傍野の地に、明治29年、奈良県尋常中学校畝傍分校として開校され、今年で創立125年目を迎える奈良県でも屈指の伝統を誇る高等学校です。「至誠 至善 堅忍 力行」の校訓の下、明治、大正、昭和、平成、令和の五代にわたり、重厚な校舎、静謐な学習環境の中、よき師の導きにより各界に有為の人材を多数輩出し、本県高校教育の中核的な役割を果たして参りました。
平成26年度から5年間は、文部科学省より「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」の指定を受け、世界を舞台に活躍できる創造的で活力のある生徒の育成を本校教育の一つの大きな柱として取り組んできました。
さらに2019年度から、文部科学省より新たにグローバルな視点をもった、コミュニティを支える地域のリーダーの育成を目的とした「地域との協働による高等学校教育改革推進校(グローカル型)」に指定され、「SGH事業」の成果を踏まえつつ、自主的・創造的な次代のリーダーの育成を目指しています。
さて、昨年度から世界的規模で猛威を振るっている新型コロナウイルスは、現在も学校現場に大きな影響を与えています。昨年の同時期に比べれば、新型コロナウイルスについての知見も深まり、ワクチンの接種も一定進んではいるものの、感染力の強いデルタ株の出現により、まだまだ多くの制約が生じています。感染リスクを正しく把握しながらも教育活動を継続・展開していく事の困難さを感じるこの頃です。今年度、東京オリンピック・パラリンピックが開催されましたが、学校現場においても全国高等学校野球選手権大会をはじめ、インターハイ等の各種の競技会やコンクールなどが感染対策をとりながら開催されています。畝高生も多くの制約の中、各人が精一杯のパフォーマンスを展開し、特に百人一首かるた部の全国3位入賞をはじめ、複数の部活動において、県での上位入賞、近畿や全国の大会出場などの成果を上げています。
  学校にとっては、しばらくは厳しい新型コロナウイルスへの対応が求められますが、生徒諸君の学びへの姿勢や熱意を曇らせること無く、本校の歴史と伝統、校訓に象徴される校風を継承・進化させ、次代に繋いでいくことに全力を尽くしたいと考えています。