奈良県立畝傍高等学校のホームページへようこそ!

                                                                              平成30年4月
                                                                      奈良県立畝傍高等学校
                                                                        学校長 河合 保秀

                                                                                                                               

 本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。浅田校長先生の後任として、4月に本校に着任いたしました。      
 本校は、明治29年、奈良県尋常中学校畝傍分校として開校され、今年で創立122年目を迎える歴史と伝統のある高等学校であり、「至誠 至善 堅忍 力行」の校訓の下、各界に有為の人材を多数輩出してきました。卒業生や地域の方からも畝高(うねこう)として親しまれています。
 また、昭和8年完成の本館は、平成24年、文化庁により登録有形文化財に登録され、昭和初期を代表する歴史的建造物で、教職員はじめ生徒は、日々重厚な学舎を大切にしています。
 平成26年度からは文部科学省よりスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受け、世界を舞台に活躍できる創造的で活力のある生徒の育成を本校教育の一つの大きな柱として取り組んでいます。

 さて、4月10日の入学式には、全日制課程400名、定時制課程13名を迎え、本年度がスタートしました。入学式では、新入生に次の三つの話をしました。
 一つ目は、「高い志をもって、挑戦し続けてほしい」ということです。
 変化の激しい時代を力強く生き抜くために、その基盤となる力を身につけてもらいたいと考えています。社会情勢に興味をもち、広い視野で物事をとらえるとともに、何事に対しても臆することなくチャレンジすることで、自分の進むべき道を拓いてもらいたいと思います。
 二つ目は、「出会いを大切にしてほしい」ということです。
 本校での新たな友との出会いを大切にして、友情を深め、人間性を高め合ってもらいたい。スポーツや文化・芸術に熱中するとともに、人生を語り合える、かけがえのない友を得てほしいと思います。勉強のこと、人間関係のことなど、壁にぶつかり、悩むことがあっても互いに支え合って乗り越えてほしい。そうすると、その先には、それぞれの新しい自分を発見できるでしょう。
 三つ目は、校訓の「至誠、至善、堅忍、力行」についてです。
 校訓の意味は、「至誠至善とは、心の誠実さ、人としての善良さを、何物にもまして、大切にしようとすること。堅忍力行とは、目標が達成されることを信じて、粘り強く努力し続けること。」です。
 この校訓は、時代を超えて今もなお脈々と受け継がれ、本校卒業生の心の糧となっているもので、日々の学校生活の拠り所としてほしいと思います。
                             
 また、在校生には、始業式では、『論語』の「これを知る者は、これを好む者に如(し)かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如(し)かず。」を引用し、学習活動や仕事をする状態について話しました。
 「知る」は知識や技術の基礎基本の習得を、どちらかと言えば義務的にすること、そこに積極的な気持ちによって学ぼうとする意思がはたらくと「好む」状態になります。さらに、「学ぶ喜びを味わい、学ばずにはいられない」という意識がはたらいたときに、「楽しむ」という段階に至るのではないかと思うのです。
  自分自身は「知る」「好む」「楽しむ」のどの段階なのかを自問しながら、「高い理想と志をもち、確かな自己を確立させる基盤を高校時代につくってほしい」。そして「高い次元に身を置いて学んでほしい」ということを生徒たちにも述べました。

 本校は、SGHの取組など、新たな歴史を刻み始めています。私も校長として、これまでの伝統に学びながら、新たなの歴史を創造していく所存です。今後とも皆様のご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。