吉野熊野学とは

 地方へのIターンUターンが見直される中で、「地域の課題」を「地域のポテンシャル」に変える力が求められています。十津川高校は、課題を発見し、問いを作り、探求を深めていく力が、来るべきAI時代であっても活躍できる「人間力」につながっていくと考えています。

 本校は、紀伊山地の霊場と参詣道として、世界でも珍しい「道」として世界遺産に登録された「大峯奥駈道」と「熊野参詣道小辺路」の間にあり、また豊かな自然に囲まれた学校です

 「吉野熊野学」は吉野・熊野に関することを「歴史」「文学」「文化」「芸術」「自然」「食物」「住居」「科学」「福祉」「健康」「国際」「林業」「観光」「教育」「交通」などのからテーマを選び6つの班に分かれて学習しています。一年を通じて、調査・体験・制作を行い、年に一度、村内の中学生・村の方々にむけて成果の発表会行っています。

 今後ともこの「吉野熊野学」を一層充実させ、この豊かな自然の恵みの中でより輝いた生徒の育成に更に取り組んでいきます。

中高合同総合発表会

 十津川高校は十津川中学校との中高合同総合発表会を行っています。自分たちが調べたことをパワーポイントや動画などを用いて、堂々とわかりやすく発表しています。また、発表を聞き、質疑応答を繰り返すことで、新たな視点を得たり、自らの考えを深めることができています。

 今後もこの活動を通して、吉野熊野学と中学校・高等学校の連携を深めていきたいと考えています。

 令和3年度の発表会の様子についてはこちらをご覧ください。

 

令和4度の探究テーマと内容

 今年度は以下のテーマと内容で探究活動を進めています。

創作班 吉野熊野地域をテーマに韻文を作成し、作品集を作ります。
観光班 十津川地域の観光地を巡り、SNSで発信し、十津川地域のPRを行います。
芸術班 十津川の竹から竹筆を制作し、水墨画を描きます。
情報発信班 十津川地域の名産や観光地の調査を行い、調査内容の発信を行います。
生態系調査班 十津川水系の生態系調査と在来種の保護を行います。
ジビエ班 十津川における害獣の駆除とその活用方法について研究します。