Ⅰ気象警報は発令時の対応について

  「奈良県北西部」または「五條・北部吉野」に含まれる市町村、あるいは自宅のある市町村

  上記の市町村に気象警報が発令されているときはつぎのように対応すること

1.平常授業期間中の場合

①午前7時現在において、発令されていたら、登校はしない。

②午前7時以降でも、自宅を出るとき、あるいは通学途中で発令されていることを知った場合も、登校しなくてよい。

③午前10時までに警報が解除された場合は、授業の用意をしてすみやかに登校すること。

④午前10時を過ぎても警報が解除されない場合は、臨時休業とする。

⑤警報発令以前に登校している生徒については、放送で指示をする。

⑥半日授業の日については、朝7時現在で警報が解除されていなかったら、臨時休業とする。

上記の区域に警報が発令されていなくても、登校時通過する区域等に警報が発令されている場合は安全を確認して登校し、もし危険があると判断される場合は登校を控える。この場合、その旨を必ず学校に連絡すること。

 

2.定期考査期間中の場合

  7時現在で警報が解除されていなかったら、臨時休業とする。(解除の基準は学校及び自宅のある地域とする。)なお、警報で登校できなかった日の翌日の考査科目の時間割については、初めの発表どおりとし、実施できなかった科目については改めて指示をする。

 

 

Ⅱ交通機関の乱れについて

近鉄吉野線が運行を見合わせているとき

 10時までに運行が再開されれば、安全を確認して、すみやかに登校すること。

 10時までに運行が再開されなければ、臨時休業とする。

 ただし、半日授業の日については、朝7時現在で再開されなければ、臨時休業とする。

 

※なお、通学に近鉄吉野線以外の路線を利用している生徒について

 近鉄吉野線が運行されているが、通常の通学に利用する交通機関(JR、近鉄(吉野線以外)、路線バス等)が運行を見合わせているとき

 当該の生徒については、12時までに運行が再開されれば、安全を確認して、すみやかに登校すること。

 12時までに運行が再開されなければ、当該の生徒は自宅待機とする。

 ただし、半日授業の日については、朝7時現在で再開されなければ、自宅待機とする。