保健室の利用のルールとマナー

 保健室はみなさんが健康で安全な学校生活を送ることができるように、さらに、自分の健康に興味関心を持ち、自己の健康管理が十分にできるようにサポートしていきます。

Ⅰ 保健室って?
 体調が悪くなった時

 原因を見つけ、今どうすればよいか、今後どのようなことに気を付ければよいか考えます。必要に応じて、ベッドで休養します。

 内服薬は使用しません。保健室は医療機関ではないので、1人ひとりにの症状や体質に合わせたお薬を出すことができないからです。薬を飲む必要のある人は、家の人と話し合って、自分に合った薬を持ってくるようにしてください。

 ケガをしたら?

 応急手当をします。ただし、継続的な処置は行いません。その後の治療は、家や病院で行ってください。

 こころが…?

 こころが元気じゃないとき、悩みごとがあるとき、悲しいときなど、どうすればよいか一緒に考えましょう。話をするだけでこころが軽くなりますよ。 

 自分の体や健康について知りたいとき、調べたいときは?

 身体についての書籍や資料がありますので、利用してください。身体測定もできますよ。

Ⅱ 利用のルールとマナー
  • 来室するときは、担任の先生や教科担当の先生に一言かけてきてください。  
  • 保健室では静かにし、他の生徒の迷惑にならないようにしてください。  
  • 保健室では飲食はしないでください。
  • ベッドや器具等は勝手に使わないでください。必ず、先生の指示を受けて使用してください。  
  • ベッドや器具等を使用した場合は、きちんと整理整頓してください。
  • 休養は1時間を原則としています。  
  • 養護教諭が不在の時は、担任の先生あるいは学年、体育の先生に申し出てください。
     

保健室紹介

 保健室入口です。

保健室の中です。

 応急手当をします。

休養室です。

休養は1時間です。

 

 

 

身体測定ができます。

図書室の本や資料をおいています。