利用の手引き

 図書館を使うには・・・     調査・相談(レファレンス)

 本を探すには・・・            

 本を借りるには・・・

 本を返すには・・・        自習するには・・・

 貸出期間を延長するには・・・

 本をなくしたときは・・・

 本をリクエストするときは・・・

 

 図書館を使うには・・・

館日&時間

月~金曜日  9:00~16:45 

※考査中、長期休業(夏休み、冬休み、春休み)については、随時連絡

 3階東渡り廊下

 

▲上に戻る

 本を探すには・・・ 

 館内にある蔵書検索端末や、本の分類番号などで探すことができます。図書委員や司書に、気軽に尋ねてください。

 

 ▲上に戻る

 本を借りるには・・・

西の京高校の生徒、教職員ならどなたでも借りることができます。生徒証が利用者カードになっていますので、借りたい本と一緒に力ウンターへお出しください。

出期間: 2週間 
出冊数: 5 冊
◆借りたい本が貸し出し中のときは、予約ができます。

 

 ▲上に戻る

 本を返すには・・・

開館中は、カウンター係の図書委員にお渡しください。カウンター係が不在のとき(休憩時間など)は、カウンターにある返却BOXに本をおいれください。返却のときは、生徒証(利用者カード)は必要ありません。

新聞などの一時貸出や授業で使用のビデオテープやCD-ROMは、返却BOXに入れず、カウンター司書までお返し下さい。

 

 ▲上に戻る

 貸出期間を延長するには・・・

延長したい本と生徒証(利用カード)を持って、カウンターで手続きになります。ただし、予約のある本は延長できません。

 

 ▲上に戻る

 本をなくしたときは・・・

 図書館の資料は、西高図書館を利用するみんなのものです。大切に扱ってください。万一、資料を紛失された場合は、図書館担当教諭、司書までお申し出ください。

 

 ▲上に戻る

 調査・相談(レファレンスサービス)

 図書館はなんでも相談できる窓口で、情報や資料を求めている利用者を支援する「レファレンス・サービス」を行なっています。本を借りるだけではなく、とにかく、なんでも結構ですので疑問に思ったことを相談してください。

1.レファレンス・サービスとは・・・?

「Reference(レファレンス)」
   参考、参照、問い合わせなどの意(『ジーニアス英和辞典』より)

「レファレンス・サービス」
何らかの情報あるいは資料を求めている図書館利用者に対して、図書館員が仲介的立場から、求められている情報あるいは資料を提供ないし提示することによって援助すること、およびそれにかかわる諸業務。(『図書館情報学用語辞典』より)

つまり、情報の専門家、調べ物のエキスパートである司書が、図書館の資料やインターネット、CD-ROM等のデータベースなど、あらゆる情報源を駆使して利用者の疑問解決をサポートするサービスです。仮にその図書館で答えが出なかったとしても、他の図書館に問い合わせて答えを探したり、より適切な機関を紹介したりするなどして、質問者を支援します。

しかし、答えられない質問もあります。特に、学校の宿題やクイズ(懸賞) などには、直接答えることはできません。その場合、参考になる資料を紹介することはできます。

  ▲上に戻る

 

 自習するには・・・

図書館の開館中は、自習は可能です。カウンターには、辞書類(英和・和英辞典、国語辞典、古語辞典)も置いていますのでご自由にご利用ください。

 

▲上に戻る 
      

 本をリクエストするには・・・

読みたい本を図書館でリクエストすることができます。カウンターにある「リクエストカード」に記入してカウンター端にある「リクエスト入れ」または、カウンター係に渡してください。
リクエスト本を本校図書館で購入できない場合は、他館(他の高校図書館や公共図書館)より貸借したり、地域の図書館の蔵書の有無をお知らせすることで、リクエストしてくれた人がリクエスト本を読める情報を提供しています。

 

▲上に戻る