ページの先頭です

ホーム

まほろば・けいはんな SSHサイエンスフェスティバル

「まほろば・けいはんな SSHサイエンスフェスティバル2020」開催にあたって

奈良高等学校では、例年、SSH事業の一環として「まほろば・けいはんな SSHサイエンスフェスティバル」を開催しております。これは、本校や本校連携校が普段進めている探求活動・課題研究の成果をポスター発表により広く公開するとともに、けいはんな地区の児童・生徒、教員、市民が集い、科学に親しんでいただくことを目的としております。今年度は、実地開催ではなく、オンライン形式での開催といたします。オンラインのメリットを活かし、例年以上の方々に訪問いただき、幅広い交流が展開されれば幸いです。

1.炎色反応の規則性(奈良県立奈良高等学校)

複数の金属塩を混合して炎色反応の実験を行うと、金属塩に対応する炎の色が規則的に並ぶ。我々は、その規則性を解明すべく研究してきた。

化学

詳細»

2.AR(拡張現実)で作る太陽系モデル(奈良県立奈良高等学校)

惑星の公転や距離を再現したアプリケーションを、『swift』というアップルデバイスと相性の良いプログラミング言語を用いて作成した。

情報 地学

詳細»

3.ゲーム開発エンジンunityで、ゲームを作成する(奈良県立奈良高等学校)

開発エンジンの『unity』が、なぜここまで有名になったのかをゲーム作りを通して分析する。

情報

詳細»

4.プログラミング言語pythonで、AI作成を目指す(奈良県立奈良高等学校)

本研究班は、AIでSNSを分析することを目的として、現在は初歩的なプログラミングを『Python』を使用して学んでいる。

情報

詳細»

5.WROエキスパート出場を目指したロボットへのプログラミング(奈良県立奈良高等学校)

WROの競技を通して、ロボットの制御方法を学ぶ中で、最終的には身近な課題を解決できるロボットの考案を目指している。

情報 ロボット

詳細»

6.砂漠での海水の淡水化(奈良県立奈良高等学校)

砂漠の緑化を海水の利用によって行うべく、淡水化装置の開発をめざして装置を考案し、植物を枯らすことなく水を供給できた。

環境 化学 生物

詳細»

7.トゲチシャ(Lactca serriola L.)の生育調査(奈良県立郡山高等学校)

トゲチシャはキク科Lactca 属の植物で、現在急激に増殖し、生態リスクの観点から注視すべきとされている植物である。その基本的生育状況について調査した。

生物

詳細»

8.グリーンヒドラにおける個体数増加率の定量的評価について(奈良県立郡山高等学校)

グリーンヒドラ(Hydra viridis)は刺胞動物の一種である。この実験個体群について、光の波長による個体数変化の定量的評価を行うため、実験結果の定式化を行った。

生物

詳細»

9.施設園芸におけるミミズの活用を目指して(奈良県立磯城野高等学校)

研究Ⅰ「ミミズが植物の成長(特に発芽)に及ぼす影響」研究Ⅱ「振動が発芽を促進する可能性」研究Ⅲ「クソミミズの活性化と誘引」研究Ⅳ「栽培におけるミミズ糞土の活用」

生物 環境

詳細»

10.味間いものウイルスフリー苗の作成(奈良県立磯城野高等学校)

味間いもは一度ウイルスにかかると子孫まで引き継がれ生育に影響が出る。そこで、バイオテクノロジーを利用した味間いもの無病苗の作成を目指した。

生物

詳細»

11.グラパラリーフの大量増殖(奈良県立磯城野高等学校)

グラパラリーフは食用できる多肉植物の一種である。無菌培養での大量増殖を目指し、研究を進めている。MS培地を基本に使用し、葉の部分を使って培養を試みた。

生物

詳細»

12.ビスマス結晶の作成と色のコントロール(奈良県立桜井高等学校)

83番元素ビスマスを用いて、様々な条件下で結晶の作成や色のコントロールを行った。

化学

詳細»

13.校内、校外の自然環境における地質調査(奈良県立桜井高等学校)

桜井高校周辺にある砂などから鉱物を特定することにより、どのような鉱石が広く分布しているのか、また鉱物の傾向を分析し過去の環境を考察した。

地学 環境

詳細»

14.御神渡りを人工的に作る(奈良県立桜井高等学校)

御神渡りは神秘的な現象であるが、その詳しいメカニズムについては解明されていないことが多く、人工的につくることでそのメカニズムの解明に迫った。

地学

詳細»

15.アルコール濃度の違いによる除菌効果の差について(奈良県立桜井高等学校)

アルコール濃度を段階的に分け、その除菌効果の差について実験をした。アルコール濃度とコロニーの数について表にまとめ、考察した。

生物

詳細»

16.外来種を用いた草木染(奈良県立青翔高等学校)

日本で増殖し、問題視されている外来植物であるセイタカアワダチソウを用いて染色を行い、媒染剤による色の染まり方の違いを比較した。

生物 化学

詳細»

17.人が見立てる動物の感情(奈良県立青翔高等学校)

人が動物に喜びや悲しみなど人が持っている感情があると見なす条件を調査した。アンケートの結果、身近さや大きさ、食用か否か等が関係していた。

生物

詳細»

18.輝線に見るセイファート銀河の性質(奈良県立青翔高等学校)

活動銀河の一種であるセイファート銀河について、分光観測で得られた輝線データに見られるいくつかの要素から、この銀河の新たな分類方法を探った。

地学

詳細»

19.系外惑星のトランジットと天気による影響(奈良県立青翔高等学校)

系外惑星のトランジット観測を天気の良い時と悪い時で行い、それぞれについて求めた減光率を文献値と比較することで、この観測への天気による影響を調べた。

地学 環境

詳細»

20.塗り分けによるフカシギおねえさん問題の数え上げ(奈良県立青翔高等学校)

フカシギおねえさん問題を新たな方法で解く為に、通り道を境界として塗り分ける事で線が4×4までの格子において塗り分けの問題として解く事に成功した。

数学

詳細»

21.有機太陽電池の効率化(西大和学園中学校・高等学校)

有機太陽電池のn型有機半導体の炭化水素基部分がシクロヘキシル基のものとアダマンタン基 のものの2つを新規合成しエネルギー変換効率を計測した。

物理 化学

詳細»

22.大和野菜の抗酸化作用(西大和学園中学校・高等学校)

近年の健康志向の高まりにより、抗酸化物質が注目されています。私達は抗酸化物質を大和野菜であるみょうがの不可食部から抽出することを試みました。

生物

詳細»

23.硬式テニスにおける「良い球」の条件(西大和学園中学校・高等学校)

テニスのストロークの「良い球」の要素の一つである、より大きな力が加えられているという点に注目し、この力を最大化する打点を求めた。

物理

詳細»

24.マランゴニ対流の一般的利用について(西大和学園中学校・高等学校)

喉の粘膜を模擬した食塩水に喉薬の成分毎の溶液をたらし、広がり具合を観測し、実験結果と溶液の表面張力から喉薬を効果的に広げる方法を検討した。

物理

詳細»

25.約100台のロボットでシミュレーションする(西大和学園中学校・高等学校)

kilobotを使い人がウイルスに感染する様子をシミュレーションし、新型コロナウイルスの日本や世界での感染状況と比較した。

情報 ロボット

詳細»

26.CNNを用いた筆跡鑑定(西大和学園中学校・高等学校)

機械学習が筆跡鑑定に有効か、筆者を識別するために必要なサンプル数はいくらかを調べ、現実的なサンプル数で筆者を識別できる事が分かった。

情報

詳細»

27.情報機器からの漏洩電磁波の計測(西大和学園中学校・高等学校)

近年、電磁波盗聴機器の低価格・高性能化によって情報機器のセキュリティの重要性がますます高まっている中、情報機器から画面情報を盗み出す方法の一例を示す。

情報 物理

詳細»

28.校内に自生するサギソウ群落の受粉システム(奈良学園中学校・高等学校)

130時間の視認調査と定点カメラ動画から、多種の訪花昆虫が確認できました。また、実験株と対照株の蜜量推移の比較から、新知見を得たので報告します。

生物 環境

詳細»

29.淡水産二枚貝ドブガイ(イシガイ科)の簡易垂下養育装置の改良(奈良学園中学校・高等学校)

ニッポンバラタナゴの産卵宿主である淡水産二枚貝のドブガイを養育する簡易垂下養育装置を改良し、ニッポンバラタナゴの保全に役立てたいと思います。

生物

詳細»

30.奈良学園の野生動物調査(奈良学園中学校・高等学校)

奈良学園の学校林内に設置した動体検知カメラの映像を元に、野生動物の生態調査を行い、学校林の生態系評価をしようと思います。

生物 環境

詳細»

31.学校林内に掘った井戸水の湧水量とpHの研究(奈良学園中学校・高等学校)

学校の棚田の水が夏期に伏流することを解消するために、地下水を汲み上げて供給しようと考えました。研究3年目で、さらなる里山環境の保全を目指します。

物理 環境

詳細»

32.無限多重根号の性質とその拡張(奈良女子大学附属中等教育学校)

根号の中にさらに定数と根号の和を無限に入れていく無限根号に関する研究を、3乗根を用いた場合へと拡張させ、さまざまな結果を得ることができた。

数学

詳細»

33.2円によってできる三角形の面積に現れる定数について(奈良女子大学附属中等教育学校)

重なる2円によってできる三角形の面積を計算することにより、特徴的な定数を見つけ、それらの間に成り立つ規則性と意味についてについて考察した。

数学

詳細»

34.ストローを用いた比重浮ひょうの製作(奈良女子大学附属中等教育学校)

液体の密度を測定する器具の1つ,比重浮ひょうを身近な材料を用いて安価かつ高精度に製作した。

化学

詳細»

35.車体衝突を解析するCollision Senserの開発(奈良女子大学附属中等教育学校)

SONY社のSPRESENSEを用い、車の衝突時の写真撮影や、加速度の記録を行うシステム開発に取り組んだ。今回は途中経過を報告する。

情報 物理

詳細»

36.ナヨクサフジの訪花昆虫と駆除による植生への影響(奈良教育大学附属中学校)

住宅街でのナヨクサフジの訪花昆虫について調べた。また、外来種であるナヨクサフジの駆除によって、他の植物にどのような影響がるかも調べた。

生物 環境

詳細»

37.フライパンの温度と水のバチバチ(奈良教育大学附属中学校)

熱くしたフライパンに、水を落とすとバチバチという音を立てて水滴が踊る。このバチバチ音や水滴の踊り方とフライパンの温度の関係を探究した。

物理

詳細»

38.奈良でスサビノリの養殖ができるのか(奈良教育大学附属中学校)

甲殻類アレルギーの人も安心して食べられる海苔づくりを目指し、海の無い奈良県でスサビノリの養殖に挑み、育成に必要な環境や条件を明らかにした。

生物 環境

詳細»

39.奈良教育大学附属中学校の裏山に生えるキノコの調査(奈良教育大学附属中学校)

1年間のキノコ調査から約50種類を同定した。希少種のカゴタケも発見された。また、30年前のキノコ調査の結果と比較し、環境変化との関連を考察した。

生物 環境

詳細»

40.風力発電の可能性(京都府立桃山高等学校)

学校の気象条件に適した形の風力発電機を設置し、発電した電気を使用して学校にスマホ充電ステーションを開設しようと考えています。

物理

詳細»

41.二種類の養液を溶かしたときの溶解度曲線(京都府立桃山高等学校)

教科書などに載っている溶解度は基本1種類の溶質を溶かした場合のものである。2種類の物質を溶質にすると溶解度がどのように変化するかを調べました。

化学

詳細»

42.天体観測をしよう(京都府立桃山高等学校)

私たちは文化祭でプラネタリウムをしたり、天文ドームの望遠鏡を使って天体観測をしています。これらの活動のまとめを発表します。

地学

詳細»

43.風力発電の種類(京都府立桃山高等学校)

これまでの課題研究で再生可能エネルギーについて学んだ。その中でも風力発電機についてとり上げ、その種類の特徴を調べた。

物理 環境

詳細»

44.光触媒効果を探る(京都府立西城陽高等学校)

メチレンブルーの色素を光触媒で分解する際、グリセリンを添加することで浄化速度の向上が認められる。本研究はこのグリセリン効果について議論した。

化学

詳細»

45.南陽エコプロジェクト(京都府立南陽高等学校・附属中学校)

我々はゴミ問題に関する研究を通じて、環境保全に貢献したいと考えている。発表では、昨年より開始した麦わらストローの研究開発を中心に紹介する。

環境

詳細»

46.ナイシン生産乳酸菌がバクテリアに及ぼす抗菌作用の評価(京都市立堀川高等学校)

乳酸菌の保存料としての性能を評価すべく,ナイシン生産乳酸菌を用いた阻止円形成実験を行った。結果,黄色ブドウ球菌に対する抗菌作用が示された。

生物

詳細»

47.太陽スペクトルを通してみる地球大気(京都市立堀川高等学校)

太陽スペクトルを調べるとH,He以外にO2とN2による吸収線が見られた。太陽にO2とN2は含まれないため,地球大気によるものだと言える。

地学 物理

詳細»

48.ペーパークロマトグラフィーを用いた葉の色素の成分調査(京都市立堀川高等学校)

椿と楠の葉の色素を石油エーテルを展開溶媒としてペーパークロマトグラフィーで調べた。良好に分離したことから異なる性質を持つ色素があるといえた。

化学

詳細»

49.真正粘菌の変形体の光への応答(京都市立堀川高等学校)

真正粘菌の変形体に青色LEDをあてると色素の濃度が低下したことから,波長の違いを識別できることが分かった。

生物

詳細»

50.プラナリアの多眼形成について(京都府立桃山高等学校)

プラナリアにはまれに3つ以上の眼を持つ個体が存在する。この個体はどのような要因で出現するのかを研究した成果とその考察を発表する。

生物

詳細»

51.ツタはくっつく壁を選ぶのか(奈良教育大学附属中学校)

ツタが、プラスチックの板を避けるように伸びていることを偶然発見した。そこで、本当に避けているのか、サンプル数を増やして検証することにした。

生物

詳細»

 

 

     印刷 - まほろば・けいはんな SSHサイエンスフェスティバル  戻る  ページの先頭

関連するカテゴリー