ロボット講習会~国際ロボコンへの挑戦を目指して~

 2021年6月13日にWROのミドル競技へ挑戦することを視野に入れたロボット講習会をオンラインで実施しました。
SSH連携校も含め、27名の生徒、教員が参加しました。
年度当初の開催ということで、WROとは何かという話から、ライントレースやカラーセンサーを用いてロボットを動かすためのプログラミングの方法について基礎的な部分の講義でした。
講義の後半では、特に陥りやすいミスのところや、マイブロックを使って命令の塊を定義することでプログラミングがとてもわかりやすくなることなど、レベルの高い生徒たちにも満足のいく講義でした。
講義後のアンケートでは「オンライン開催で各校の進捗状況が違うのでもう少し時間を長くしてほしかった。」「もっとじっくり考えて進めたかった。」という意見が多く、各校ともかなり熱の入った講義となりました。
                                          
    

ハイレベルロボット講習会

 2021年3月28日に国際ロボットコンテストWRO(World Robot Olympiad)のエキスパート競技へ挑戦することを視野に入れたプログラミングの講習会を本校にて実施しました。SSH連携校も含め、48名の生徒が参加しました。
 レゴマインドストーム「EV3」を用いたプログラミング講習を実施し、2021年度のWROのコートを実際に用い、センサが搭載されたコンテスト用のロボットをコート上の黒のラインに沿って走らせる(ライントレース)、決められた分岐で方向転換するようなプログラミングについて学習し、講習後半では、各校がコートに合わせてプログラミングしたロボットの試走やコンテストが行われました。
 前半のコートをロボットに走らせる、方向転換の際のプログラミングの説明がわかりやすかったという意見が多く、各校のロボットの試走からも、よく理解できている様子がうかがえました。
また、講習後半に実施したコンテストについても非常に好評で、「他の学校のプログラミングを見ることができ、非常に参考になった」や「実際の大会のような形式で実施され、楽しみながら取り組めた」など、自校での活動では体験できない刺激を受けた様子でした。

WRO向け ハードウェア講習会

 2021年2月14日に国際ロボットコンテストWRO(World Robot Olympiad)のエキスパート競技へ挑戦することを視野に入れたハードウェア作成の講習会をオンラインで実施しました。SSH連携校も含め、51名の生徒が参加しました。
 奈良高等学校のロボット研究会OBが、2018年度WRO世界大会に出場した際の機体の設計図を使用し、実際にコンテスト用のロボットを組み立て、駆動輪の位置による回転半径、センサーの取り付け位置や機体の形状等、作成上の注意点や工夫についての講義を実施しました。また、連携校生徒の交流を図るとともに、各校でのロボット作成時の一助となるよう、今年度のWROのコース用のロボット作成に関するアイデアを各校で発表し、共有しました。オンラインでの実施となりましたが、各校生徒間で積極的な意見交換がされていました。
 参加した生徒からは、「WRO2018年度世界6位の機体を実際に組み立ててみて、よりよい作り方や機構について、知っていることだけでなく驚いたこともあり、非常に今後の活動の役に立ちました。」、「普段は自分の高校内だけでしか意見を出し合えないのでとても良い経験になった。」という感想が得られました。

Microsoft MakeCode × micro:bit でPython入門

 2021年1月31日にmicro:bitを用いたプログラミング講習会をオンラインで実施しました。SSH連携校も含め、31名の生徒が参加しました。
 LEDやボタン、スピーカーやセンサーなどを搭載した教育用マイコンボード『micro:bit』とビジュアルプログラミングとテキストプログラミングをワンクリックで切り替えができるMicrosoft MakeCodeを用いて、Pythonでのテキストプログラミングを学ぶという内容の講習でした。
テキストプログラミングに苦戦している生徒も見られましたが、ビジュアルプログラミングと見比べながら、熱心にプログラミングに取り組んでいました。
プログラミングに慣れた後、『micro:bit』を用いたプログラミング作品づくりに取り組み、センサー機能を利用したコンパスやタイマー、オルゴール、すごろくゲームなど面白い作品の発表がありました。
 参加した生徒からは、「はじめてのプログラミングでしたが、分かりやすく教えて下さったので楽しかったです。他の学校の生徒さんが作られたゲームなどもたくさん工夫されていて、とてもおもしろかったです。」、「今日のようにプログラミングに関する講習は中々受けることがないので貴重な経験になったと思います。あまりプロムラミングに触れたことのない私でも『簡単なものならできるかも……!』と思いました。とても楽しい時間でした。ありがとうございます!​」という感想が得られました。
 
 

高度研究講座(企業編)のお知らせ

下記内容で高度研究講座(企業編)を実施します。

奮ってご参加下さい。

訪問先:  (一社)次世代ロボットエンジニア支援機構

     〒619-0294 京都府相楽郡精華町精華台7-5-1

               けいはんなオープンイノベーションセンター209号室

     (株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)

     〒619-0288 京都府相楽郡精華町光台二丁目2番地2

内容:      ロボットコンテストのロボットやドローンを用いた実習

     対話型ロボット見学/研究内容紹介

日程:      令和2年12月25日(金)

       13:10 ~ 17:00

申込:      本校生徒は教室掲示のプリントに記載の通り申し込んで下さい。

      連携校の生徒は各学校のSSH担当教諭に問い合わせをして下さい。

プログラミング講習会の実施

令和2年11月22日(日)にiPadを使ったプログラミング講習会を実施しました。

多くのSSH連携校の生徒が参加した講習会になりました。

内容の詳細は以下をご確認下さい。

20201125-130509.pdf [ 574 KB pdfファイル]