教育キャリアコース1年生が、一人ひとり「抱負のことば」を述べました。

 教育キャリアコース開講式が、奈良市北部会館で行われました。開講式では、今春、教育キャリアコースを選択した新入生30名一人ひとりが、「私が出会った素敵な先生」「教育キャリアコースで学びたいこと」「こんな先生になりたい」というテーマで抱負のことばを述べました。 

 記念講演は、奈良教育大学狩野宏明准教授による「咲かせよう オノマトペの花」(絵画ワークショップ)でした。

 オノマトペとは擬音語・擬態語のことで、日本において古くから用いられ、現代では特に漫画をはじめ、芸術の幅広い領域において描かれ、絵や立体的表現だけでは捉えきれない直接的な感情や状況を表現する視覚的効果をもたらします。

 教育の1学年から3学年の109名による協同的活動として、生徒それぞれが、新たな学びの始まりに際する感情を表すオノマトペを一つ選び、それを色鉛筆を用いて一枚の画用紙にデザイン化し、グループでまとめ、ホールの床に花に見立てて並べ、それを鑑賞しながら交流を深めました。