公立小学校と私立小学校の良さについて考える。

 教育コース2年生39名が、教科「教育体験」の学習の一貫として、私立帝塚山小学校を訪問しました。

 訪問した生徒は、最初に、1~4年までの8クラスに分かれて入り、一人一人が自分たちで選んだ絵本の読み聞かせを行って児童と交流をしました。次に、校長先生の講話では、私立小学校がどのような点で公立小学校と違うかについて学びました。また、1、2年生では算数の授業、3年生では道徳の授業、そして、4年生では社会の授業を参観させていただきました。その後、室内プール、英語教室、図書室、PC教室などの充実した施設を見学しました。特に、温水プールにはビックリしました。

 生徒は昨年11月に、地域の公立小学校へインターンシップ(就業体験)へ行ったところですので、このたびの訪問で、公立と私立小学校それぞれの特長について理解を深め、将来の教師像を描きました。