野外活動実習で、リクリエーションの活動などを学ぶ

「教育コース」1年生は、8月11、12日、奈良市吐山にある県立野外活動センターで、野外活動実習を行いました。実習では、指導員の先生や、OBの補助員の方々の指導による、リスクマネージメントの講義、リクリエーション活動の実際、キャンプファイヤー、キャンドルサービス、グリーンオリエンテーリング、たたき染めなどに取り組みました。 

 

入所式です。野外活動実習の目的を確かめると共に、所員の方から施設の利用方法などについて説明を受けました。 リスクマネージメント講座です。グループで、キャンプの際の危険箇所を探しています。
リクリエーション講座です。指導員の方から、様々なアクティビティを教えていただきました。 飯ごう炊飯です。ナタで薪を切り出し、火をおこし、飯ごうでご飯を炊いたり、カレーを煮たりしました。
   
カレーが出来上がりました。上手にご飯が炊けたかな。 キャンプファイヤーです。裏方の皆さんによって、キャンプファイヤーが成立していることを実感しました。
OBの補助員の方々から、「命」という火文字をプレゼントしていただきました。命の大切さを改めて感じました。 退所式の一風景です。お世話になった指導員さん、補助員さんに、私たちから感謝を込めたアクティビティを送りました。