絵本の読み聞かせ演習で、奈良教育大学「えほんのひろば」を訪問

教育コース2年生は、7月30日、31日、奈良市ならまちセンターで開催される「絵本ギャラリーin 奈良」において、子どもたちを対象に絵本劇と工作に取り組みます。絵本劇の幕間には、子どもたちに絵本の読み聞かせを行います。その事前学習のため、奈良教育大学の「えほんのひろば」を訪問し、読み聞かせの技法や、小学校における絵本の活用などについて学びました。将来の先生を目指す生徒にとって、本当に有意義な時間でした。

横山教授からは、読み聞かせを通じて、絵本の楽しさや子どもたちとコミュニケーションを取りながら読み聞かせを行うコツを学びました。 小学校教諭の安福先生からは、子どもに人気の絵本を紹介していただき、絵本の活用や絵本を生かした学級の環境づくり、絵本を読んでもらう子どもの様子について教えていただきました。
4、5名のグループに分かれ、一人ずつ読み聞かせの演習を行い、互いに評価し合って、スキルを高めました。 最後に、2名の男子が、クラス全員を相手に読み聞かせ。ストーリーの展開でしーんと静まりかえったり、笑いが起きたりと。