新入生が今春の卒業生(教育コース8期生)と交流しました。

 この12日に入学した新入生(11期生)が、今春の卒業生(8期生)と交流しました。教育コースの学習をまだはっきり理解していない新入生は、期待を持ちながらも不安感でいっぱい。この交流を通して、教育コースのイメージができ、更に教育コースの学習に期待を膨らますことができました。大学に入ったばかりで、忙しい中、来てくれた卒業生の皆さん、本当にありがとうございました。

新入生が今春の卒業生(教育コース8期生)と交流しました。 3年間の学習の流れについて説明を聞いたり、学校生活について質問をして答えてもらったりしました。
卒業生から学んだことを、ホワイトボードにそのポイントを書きながら、懇談が進みました。 最後に、各グループでの懇談内容を発表し、クラス全体で交流しました。

 <生徒の感想>

○3年間同じクラスで、家族みたいな存在になれることを知りました。

○小学校インターンシップや運動会補助で、小学生とふれ合ったリアルな話を聞き、一層期待がふくらみました。

○「先生」という職業について深く知ることができる活動が多く、すごく楽しみになってきました。

○学校生活への不安がとれたと同時に、これからの教育コースの取組の期待がもてました。

○発表する機会が多いと聞いて緊張したけど、「慣れるから、大丈夫!」と言ってくださったので、3年間で発表することが上達できたらいいなと思います。

○1年生のうちからボランティア活動積極的に参加した方が良いことが分かりました。

○小学校の先生だけではなく、中学校や高校の先生を目指している人もいることを知り、自分のなりたいものの幅が広がりました。

○教育コースのクラスのみんなの良いところを吸収して、良い刺激を受けたいと思いました。