1月7日 「始業式」

 体育館にて第3学期始業式が行われました。校歌斉唱に続いて、校長先生が式辞を述べられました。式辞では、今年の干支である子(ねずみ)は、未来への大いなる可能性を感じさせる繁栄を意味するという紹介があり、56年前に開かれた東京オリンピック以降の日本の繁栄の姿を想起しながら、千里の道も一歩から、再び、(東京の地で)オリンピックが開催されるこの年に、それぞれの夢の実現に向けて努力を積み重ねてほしい、青年らしい野心、勤勉と節制で受験を乗り切り、今年が、本校にとって笑顔いっぱい夢いっぱいの年となるように祈念しているとの話がありました。続いて、生徒指導部長の講話では、自転車通学のこと、挨拶の励行やスマートフォン等に関する諸注意がありました。

 校長式辞 生徒指導部長講話