12月23日「表彰伝達・終業式」

 体育館にて表彰伝達と第2学期の終業式が行われました。最初に行われた表彰伝達では、11月以降に行われた対外活動で優れた成績を残したバドミントン部、バスケットボール部、弓道部、ソフトボール部、剣道部、ESS部、書道部、美術部、写真部の代表生徒が壇上で表彰されました。続いて大会への壮行として、近畿大会へ出場した卓球部、令和2年度全国総合文化祭への出展が決まった美術部、令和元年度全国高等学校選抜大会出場中の弓道部の様子が紹介されました。

 また、前生徒会長のあいさつの後、新生徒会役員が紹介され、代表して新生徒会長が就任の抱負を述べました。

 終業式では校長先生から、今年の振り返りとして、今年の漢字「令」が紹介されました。「令」には、すばらしい、よい、立派などの意味があり、昨年の漢字「災」(わざわい)が転じて福となす年になったこと。本校にとっても40周年の節目の年として、人文字撮影、平城山祭の折り鶴アート制作、平城高校40年を祝う会など、多くの行事が皆さんに支えられた一年であったとの労いの言葉がありました。来年は、東京オリンピックが開かれる年であり、3年生はセンター試験を目前に控えており、それぞれの皆さんが、夢の実現に向かって、平城心を貫けるよう、頑張って欲しい。1年生から3年生まで、それぞれの出来事を思い出しながら、思い出を新たな力に変えて、新年に向けて夢を膨らませる冬休みにしてほしいとのお話がありました。その後、生徒指導部長から講話があり、2学期を締めくくりました。

 表彰伝達 新生徒会紹介