6月5日「表彰伝達・全校集会・生徒総会」

 6時間目のHRの時間、体育館において全校集会が行われました。最初に、表彰伝達が行われ、テニス部、弓道部、陸上競技部、バスケットボール部、剣道部等、多くの生徒が壇上で表彰を受けました。引き続き、全校集会では、森田校長が学校長講話として、文武一貫(「武」で培われる忍耐力や精神力を「文」の質的向上につなげ、また、「文」で培われる論理的思考などを「武」に生かす)の具体として、努力を続けている各部活動の活躍の様子を紹介されました。平城高校は創立以来、文武一貫の方針を貫いてきたこと。体育部にしろ、文化部にしろ、部活動と学習の両立は大変であるが、文武一貫、平城生としてあるべき道を貫く気持ちを強くもって、今まで以上に、平城生らしい振る舞い、平城生らしい言動を心がけ、平城生らしいパフォーマンスを、あちこちで示してくれることを望んでいること。物事に動じす、一歩前へ、一段高めを目指して、進化しながら平城高校らしさを追求してほしいという言葉で、話が締めくくられました。続いて生徒指導副部長の高木先生から、学校外でのマナーについて、注意喚起がありました。

 最後に生徒総会が行われました。平成30年度決算報告、令和元年度予算について慎重に審議され、すべての案件が承認され生徒総会を終えました。

 表彰1 表彰2

 表彰3  講話

 生徒総会1  生徒総会2