7月20日 「表彰伝達・壮行式・終業式・ALT離任式」

 

 体育館において、1学期の表彰伝達・壮行会が行われました。男子テニス、陸上競技、弓道女子、バスケットボール男女、バドミントン女子等の生徒がインターハイ県予選等の表彰を受けました。また、壮行式では、この夏、全国大会に出場する男子テニス部、陸上競技部、弓道部女子、コーラス部、書道部、将棋の生徒が野球部応援団(1年生部員)から盛大なエールを受けました。

 終業式では、学校長講話として、本校5期生の男子新体操部の生徒がインターハイで全国優勝した年に、校内での事故で選手生命が危ぶまれる中、奇跡的な復活を遂げ、次のインターハイで3位に入賞された話を紹介されました。これは、校長先生が、創立期に勤務されていた先生から直接聞かれた話だとのことでした。「現在、当該の先生以外にも、数名、本校創立期に勤務されていた先生が在籍されているので、機会があれば、いろんな先輩のエピソードを聞かせてもらって、自分たちの夢を紡ぐ参考にしてください」と校長先生は述べられました。

 最後に本校に4年間勤務されたALTのレイチェル先生の離任式がおこなれました。レイチェル先生は日本語で、この間の思い出や本校への感謝の言葉を述べられました。生徒会長の杉山さんが、英語で感謝の言葉を表し、最後に花束贈呈が行われ、離任式を閉じました。

 表彰 壮行あいさつ

 エール 花束贈呈