3月1日 「第35回卒業式挙行」

 

 本校体育館にて、第35回卒業式が挙行されました。吹奏室内楽部の演奏に合わせて397名の卒業生が入場し、国歌・校歌斉唱に続いて卒業証書を授与されました。式辞で沼田校長からは、餞の言葉として、今後ますます高度情報化が進む社会で、自己をしっかりと見つめてたくましく生きてゆくことの大切さを贈られました。送辞は、在校生を代表して2年生の大原陸君が行いました。答辞は、卒業生を代表して前生徒会長の水主川夏澄さんが3年間支えてくれた皆さんへの感謝の気持ち等を述べました。卒業式後2年生全員による卒業生に贈る歌(1曲目は本校23期生、饗庭 純さん作詞・作曲の「ぬくもりの日々」、2曲目は「明日という日が」、3曲目は30周年記念愛校歌「夢の道標」、4曲目はスマップの「世界に一つだけの花」)の合唱と3年間の思い出のスライドショーが行われました。その後、2年生が歌う2回目の贈る歌と会場内の保護者・職員からの拍手に見送られて卒業生が退場し、感動的な卒業式の幕が閉じました。

 卒業証書授与 卒業証書授与2

 PTA会長祝辞 答辞

 卒業生退場1 卒業生退場2