11月17日(木)「セーフティースクール平城」

 

 「セーフティースクール平城」は、12年前の11月17日に奈良市で起きた小学生誘拐殺害事件を受け、事件を風化させることなく、登校時の小学生の安全を確保する地域の取組として行われています。本年度も早朝より、学校周辺で行われました。

 午前7時30分に本校生徒会役員とクラブ生徒、教員合計約60名が昇降口前に集合し、沼田校長先生から「セーフティースクール平城」の趣旨説明があり、その後、学校周辺の担当場所にグループごとに移動しました。

交差点や横断歩道等の立哨場所では、地元自治連合会の方々や平城東中学校の生徒たちと協力して、約1時間、朱雀小学校に登校する小学生たちの見守り活動を行いました。

 校長あいさつ 交差点1

 交差点2 交差点3