10月14日(金) 「第2回職員研修」

 

  放課後、本校大会議室にて職員研修が行われました。今回は、京都大学高等教育研究開発推進センター教授 溝上慎一先生 を講師にお招きして「アクティブ・ラーニングのあり方と指導方法」という演題で約70分お話いただきました。約60名の本校職員が参加しました。 

 生徒・学生が社会人になったことを考えると、彼らが単に、知識や技術、学力、個の力があるだけでは不十分であり、「協働(コラボレーション)」する力が非常に重要であることや、その力はロールプレイやアクティビティを行うことによって育まれるものであること等を、学ぶことができ、非常に有意義な研修となりました。

職員研修1