平成22年5月に気象庁警報発表区分が変更され、市町村単位で発表されることになりました。これまで本校の所在地は、奈良県北西部という区分でしたが、今後、奈良市に変わります。これに伴い、生徒手帳21ページの内容は次のように変更します。

  •  登校前に、奈良市に大雨・洪水・暴風雨等の警報が発表されているときは、自宅で待機し、テレビ・ラジオ等の情報を確認しなさい。
  •  午前6時までに警報が解除されたときは、通常通りに授業を行います。
  •  午前10時(午前中授業の場合は午前8時)までに警報が解除された場合は、安全に留意し、登校してください。ただし、交通機関の状況等で登校できない場合や危険を伴う場合、まだ居住地に警報が発令されている場合は、学校へ連絡し、自宅で待機しなさい。
  •  午前10時(午前中授業の場合は午前8時)までに警報が解除されないときは、臨時休業とします。
  •  考査の日は、午前中の授業のときと同じ扱いにします。

 

  注:NHKのテレビ・ラジオ等で気象情報を確認してください。

     民放各社のテレビ放送では、奈良市に警報が出ていなくても、「奈良県北西部(従来通りの

      複数の市町村をまとめた地域)に警報」と放送される場合がありますので注意してください。

   臨時休業等に関する情報は、メール連絡網や本校ホームページでも掲載する予定です。